開高健記念会

記念会について

ごあいさつ

「開高健記念会」は平成14年NPO法人として発足、一般財団との並走時期(平成23年~)を経て、平成26年8月1日、内閣府から認定を受け「公益財団法人開高健記念会」として新たに出発いたしました。開高健の文業を広く後世に伝えるべく、茅ヶ崎の「開高健記念館」(旧・開高健仕事場を市に寄贈・移管し、当会がその運営を受託)を中心に、館内での種々の企画展、外部施設での展観のプロデュース、各種講演会の開催、資料集の発行などの活動を展開してまいりましたが、公益財団化を機に、東京都杉並区井草の旧・開高邸に「開高健記念文庫」を開設いたします。

本会はこのふたつの公開施設を拠点に、より多くの方々に開高健とその文学に触れ、日本文学に親しんでいただくことを基本理念に、通称は今までどおり「開高健記念会」として活動してまいります。今後ともよろしくご支援のほどお願いいたします。

  1. 記念館・記念文庫の運営と企画展の開催、館外展への協力
  2. 開高健の人と文学に関する各種講演会・セミナーの開催
  3. 開高文学に関する資料集、小冊子などの発行
  4. 各種広報ツールの充実
  5. 「開高健とボージョレ・ヌーボーの会」など懇親会の開催
  6. HPなどを通じての広報活動
  7. 生原稿・手紙・写真等資料の整理・分類・公開
  8. 著作権管理(開高健、牧羊子、開高道子の著作権の総合的管理)

*著作権、協力クレジット等の表記は今までどおり「開高健記念会」でお願いいたします。

開高健記念会事務局

〒167-0021 東京都杉並区井草4-8-14
Tel: 03-5303-8621, Fax: 03-6915-0721
E-mail: info@kaiko.jp