開高健記念会

開高健について

開高健略年譜1930~1957

同人誌の時代を経て『パニック』により衝撃的デビュー

1930(昭和5)年
12月30日 大阪市天王寺区東平野町1丁目13番地に生まれる。父正義、母文子の長男。父は大阪市立鷺洲第3小学校訓導。
1937(昭和12)年 【7歳】
4月  大阪市立東平野小学校に入学。
12月 大阪市住吉区北田辺町に転居。
1943(昭和18)年 【13歳】
4月  大阪府立天王寺中学校(現・天王寺高等学校)に入学。
5月  第2鶴橋国民学校教頭であった父が病死。
1944(昭和19)年 【14歳】
校舎は兵営に代用され、授業は停止状態となる。
八尾飛行場での雑用、火薬庫造営、国鉄龍華操車場の突放作業などの勤労動員にかり出される。
1948(昭和23)年 【18歳】
4月  旧制大阪高等学校文科甲類に入学。
1949(昭和24)年 【19歳】
4月  学制改革により大阪市立大学法文学部法学科を受験。
6月  入学。文芸部に入部。
1950(昭和25)年 【20歳】
1月  処女作『印象生活』を「市大文芸」に発表。
3月  同人誌「えんぴつ」に加入。
1951(昭和26)年 【21歳】
7月  書き下ろし長編『あかでみあ めらんこりあ』を「えんぴつ」解散記念に刊行。
10月 「文学室」に参加。
1952(昭和27)年 【22歳】
正月前後住吉区杉本町の牧羊子の家へ移る。
7月  長女道子誕生。
11月 「VILLON」に参加。
1953(昭和28)年 【23歳】
2月  洋書輸入商北尾書店に入社。
3月  牧羊子との婚姻届出。
12月 大阪市立大学法学部法学科を卒業。
1954(昭和29)年 【24歳】
2月  寿屋(現・サントリー)に入社、宣伝部員に。
1955(昭和30)年 【25歳】
11月 東京支店へ転勤、杉並区向井町の寿屋社宅に転居。
1956(昭和31)年 【26歳】
4月  PR誌「洋酒天国」を創刊。編集発行人となる。第22号まで編集長をつとめた。
1957(昭和32)年 【27歳】
8月  『パニック』を「新日本文学」に発表。一躍新人作家として注目される。
10月 『巨人と玩具』を12月『裸の王様』を「文学界」に発表。