開高健記念会

開高健について

開高健略年譜1974~1989

『オーパ!』『耳の物語』など地の果てと書斎を往還した晩年

1974(昭和49)年 【44歳】
3月  『新しい天体』を潮出版社より刊行。
4月  「四畳半襖の下張」裁判に弁護側証人として出廷。
12月 茅ヶ崎市東海岸南のこの地に書斎をかまえる。
1975(昭和50)年 【45歳】
9月  胆石除去の手術を受ける。
1978(昭和53)年 【48歳】
5月  『ロマネ・コンティ・一九三五年』を文藝春秋より刊行。
7月  芥川賞選考委員に加わる。
11月 『オーパ!』を集英社より刊行。
1979(昭和54)年 【49歳】
5月  『最後の晩餐』を文藝春秋より、『歩く影たち』を新潮社より刊行。
6月  『玉砕ける』で第6回川端康成文学賞を受賞。
7月~翌年4月 朝日新聞社とサントリーから派遣され、南北アメリカ大陸縦断旅行。
1981(昭和56)年 【51歳】
9月  『もっと遠く!』『もっと広く!』を朝日新聞社より刊行。
11月 一連のルポルタージュ文学により第29回菊池寛賞を受賞。
1982(昭和57)年 【52歳】
バック・ペインを病み、水泳教室に通う。
6~7月 『オーパ、オーパ!!』の取材に、ベーリング海へオヒョウ釣り旅行。
1983(昭和58)年 【53歳】
4月  『オーパ、オーパ!!海よ、巨大な怪物よ』を集英社より刊行。
1984(昭和59)年 【54歳】
7月  アラスカのキーナイ河で60ポンドのキング・サーモンを釣る。イリアムナ湖のロッジに招待され、カリブー(トナカイ)猟に行く。
10月 『生物としての静物』を集英社より刊行。
1986(昭和61)年 【56歳】
6月  宝石の取材のためスリランカへ、7~8月モンゴルへイトウ釣りに行く。
8月  『耳の物語』(全2冊)を新潮社より刊行、翌年6月、第19回日本文学大賞を受賞。
1987(昭和62)年 【57歳】
5月  再びモンゴルへイトウ釣りに行く。
1988(昭和63)年 【58歳】
6月  『一日』を「新潮」に発表。
1989(昭和64・平成元)年 【享年58歳】
3月  食道狭窄で茅ヶ崎市内の病院に入院。間もなく済生会中央病院に転院し、4月手術を受ける。7月末退院。
10月 『珠玉』第三部を脱稿、翌年文藝春秋より刊行。
12月9日 食道腫瘍に肺炎を併発し逝く。北鎌倉・円覚寺松嶺院に眠る。