開高健記念会

記念会について企画展―オーパ!

企画展:オーパ!展

何事であれ、ブラジルでは驚いたり感嘆したりするとき「オーパ!」という。 「オーパ!」展では、写真や貴重な文書、当時用いた釣り道具などが展示された。

「オーパ!」は、昭和52年の8月から10月にかけて行われた、65日間という現地取材をもとに書かれたルポルタージュ作品(写真・高橋昇)。アマゾン河という取材対象の新鮮さ、スケールの大きさと、その大自然を悠々と描き出していく小説家の卓越した筆力によって、釣りファンのみならず幅広い読者を獲得し、紀行文学の最高傑作の一つとなった。

展示・展観の内容

* ドキュメント
「オーパ!」原稿や、旅のきっかけとなった 醍醐麻沙夫氏(作家、サンパウロ在住)からの手紙、 アマゾン河流域の釣りライセンスなどが展示されています。
* 釣り道具
携行した愛用の釣り竿や、巨大魚ピラルクーを狙った リールや仕掛けなどが展示されています。
* 写真
写真家高橋昇氏が、釣り師開高健を、またアマゾンの様々な表情を伝えています。