開高健記念会

茅ヶ崎市 開高健記念館「開高健とベトナム」展

会期:2005年4月1日~9月25日

企画展:開高健とベトナム

開高健とベトナム展~サイゴン陥落30年にちなんで

展示・展観の内容

朝日新聞特派員としてベトナムへ赴いた開高健。1965年2月14日、取材従軍中の南ベトナム軍部隊はベトコンの一斉攻撃を受け壊滅敗走する。200名中生存者17名という、死の現実を目の当たりにし、この体験がその後の作家活動におけるひとつの大きな基点となった。

ベトナム人同士が殺し合う過酷な国からの報道と、死を覚悟した体験、そして それを文学へと昇華させて行った軌跡を追う。

* 2.14 以前 ニョクマムの国、ベトナムへ
戦渦のベトナムへ。エピソードや現地からの報道、携行品などを展示します。
* 2.14 当日 ベトコンの一斉攻撃、17/200の男
戦争と死の現実、当時の新聞記事や肉声テープなどを紹介します。
* 2.14 以降 反戦活動と文学
死の体験を文学に昇華させる軌跡、反戦活動などをご覧いただきます。
* 年表と地図 サイゴン陥落までのベトナムと開高健
開高健の3回にわたる渡越に関する事項を記した詳しい年表と、その足跡を標す地図をご覧下さい。

会場では…

会場に流れる音楽はベトナムの歌姫カーン・リーによる反戦歌、「美しい音」。 開高健の1979年「戦争と文学」をテーマにした講演と写真による映像作品もご覧いただけます。