開高健記念会

茅ヶ崎市 開高健記念館「開高健『ずばり東京』」展

会期:2007年10月~2008年3月

企画展:開高健『ずばり東京』

展示・展観の内容

オリンピック開催にむけて北京の変貌ぶりが報じられている。44年前、「当時のトーキョーは一時代からつぎの時代への過渡期であったし、好奇心のかたまりであってつねにジッとしていられない日本人の特質が手伝って、あらゆる分野がてんやわんやの狂騒であった。」芥川賞を受賞し新進作家だった開高健はオリンピックという国家行事を契機に、泡立つように変貌を遂げつつあったマンモス都市・東京の素顔をあらゆる角度から活写して、ルポ文学の記念碑的作品として高い評価を得た。週刊朝日の連載を終えた3週間後にはベトナムに飛び立ち『ベトナム戦記』をレポート。一方で『フィッシング・オン』『オーパ!』シリーズと、釣りという行為を通しての文明批評ルポを開拓していった。

* 開高健の見た東京 「ずばり東京」の連載を通して開高が見た昭和30年代の東京。
* 開高ルポ文学の起源 ベトナム従軍、オーパへと続く開高ルポルタージュの起源を探る。
* 昭和著聞年表 高度成長期の昭和と開高の足跡を重ねた年表。
関連書籍のご案内 「ずばり東京」「日本人の遊び場」など、関連書籍の販売もいたしております。