開高健記念会

茅ヶ崎市 開高健記念館「開高健 自筆原稿」展

会期:2008年12月5日~2009年9月27日

企画展:開高健 自筆原稿

展示・展観の内容

丸みを帯びた楷書体の文字の一文字一文字が、原稿用紙のマス目を埋めている。どっしりとしていて迷いがみられない。直しもほとんどみられない。不必要な句読点や改行もない。作家・開高健の原稿は美しい。恐らく、推敲に推敲を重ね、熟考ののちに文字にするからなのであろうか。文字にされた言葉のひとつひとつに作家の息遣いが生々しく感じられ、原稿からは書籍とは別の世界を垣間見ることができる。

1989年12月9日逝去、享年58歳。没後20年を迎えて、遺された原稿から折々の開高健を偲ぶ。

* 文壇登場 鮮烈な文壇デビューを飾った『パニック』の記念碑的原稿から、芥川賞受賞後、後のルポ文学につながる『日本三文オペラ』までの自筆原稿。細く丁寧で繊細な筆致から浮かび上がる初期の作家の姿。
* オーパ!そして静物 世界を巡った釣魚紀行『オーパ!』の動、そして愛用品の物語をエッセイとして綴った『生物としての静物』の静。1970年代後半から80年代前半の作家の、躍動感と遊び心が伝わってくる原稿の数々。
* 闇シリーズ三部作 発表時には出版されなかった『渚から来るもの』が後に改作されて『輝ける闇』となり、『夏の闇』『花終る闇』の三部作が生まれる。最終作を完成せぬまま没した作家の創作の過程を映し出す自筆原稿や手紙。

関連書籍のご案内

直筆原稿版『夏の闇』

小説家・開高健が心血を注いだ代表作を、408枚の直筆生原稿そのまま、原稿用紙の質感に迫る原寸大で再現。精緻で圧倒的な小説世界が、作家の筆遣い、息遣いとともに直に伝わってくる特別愛蔵版です。担当編集者による解説、編集者マグナカルタ(直筆)なども同梱。

原寸大・函入・部数限定
頒布価格15,000円(税込)