開高健記念会

茅ヶ崎市 開高健記念館「開高健 いくつもの肖像」展

「「開高健 いくつもの肖像」展」トップへ戻る オーパ!~絶筆 ベトナム体験~闇三部作

企画展:「開高健 いくつもの肖像」展

初期の作品と原稿

巨人と玩具

「文学界」1957年10月号に掲載。初の商業文芸誌への発表となった。巨大な現代消費社会の中で翻弄されながらもしたたかに生きる人間の姿をいきいきと描き、1958年、大映で映画化される。監督・増村保造 主演・野添ひとみ

「巨人と玩具」の原稿と掲載の「文學界」 1958年3月

衛星都市で

「文学室」1952年6月号に掲載。「文学室」は「えんぴつ」終了後、谷沢栄一、向井敏ら主要仲間と加入した同人誌。

「衛星都市で」草稿

裸の王様

裸の王様」原稿。 「文学界」1957年12月号に掲載

第38回芥川賞発表決定記事(「文藝春秋」1958年3月号)。 本命視されていた大江健三郎の「死者の奢り」を退けての受賞となった。

日本三文オペラ

大阪の旧陸軍砲兵工廠跡の鉄屑を盗掘するアパッチ族の活躍を描いたピカレスクロマン。現地での取材に基づいて執筆された。

「日本三文オペラ」原稿。「文学界」1959年1~7月号に連載

「「開高健 いくつもの肖像」展」トップへ戻る オーパ!~絶筆 ベトナム体験~闇三部作