開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

【開高健・この一節 『青い月曜日』①~⑤】──記念会公式facebookから

【開高健・この一節 ①】はじめに

『青い月曜日』は開高が30歳台ではじめて挑戦した半自伝的小説。中学生の戦時体験から、年上のおんなと同棲して娘が生まれるまでの、まだ何者でもない書き手・語り手がバイト生活に奮闘する「青春小説」。5回にわたって開高の文章をじかに紹介します。

以下は、気がつけばいじめる側にまわってしまった中学生のときの描写。

「私は卑劣な、うかつに口をきかない、敏感な、いやらしい奴だ。にぶい歯痛のようにそれは意識された。けれど、どうやら、そのような私はどこにも存在していないようであった。誰も私を怪しまず、疑わず、訝(いぶか)しまず、にこにこと笑ってたわごとをはなしかけてくるようである。何か気のきいたたわごとを答えて私はすりぬける。今日、私は、生まれてはじめて他人の頬をうった。ほんとに、生まれてはじめて、他人の薄い、やわらかい、しっとりと生温かい頬をうった。何事かが私にも起ったはずである。けれど私にはわからない。何が起ったのかわからない。何もわからない。」(『青い月曜日』より/集英社文庫版が11月20日に発売)

 

【開高健・この一節 】ハッタリ英会話教師

手を出した数々のバイトのなかで青年開高の面目躍如なのは、さっき先輩講師から仕入れた知識をいま吐きだす、ハッタリまみれの英会話講師バイト。

「氏(注・元商社マンらしい先輩講師)は瞠目(どうもく)すべき発音をおこない、何度も何度も生徒にアイライラレラ、アイライラレラ……と大合唱させて、一時間を終わるのであった。

私はベニヤのこちらでそれをよく聞いておいて、自分の時間になると、おろおろするこころをおさえて、ゆるゆる教室へでていき、『哀愁』ではヴィヴィアン・リーがウォータールー橋で別れぎわにどうささやいたか、とか『風とともに去りぬ』でクラーク・ゲーブルはキメ手にどういったとか、映画館へ二、三日前にでかけてその場面だけに耳を澄まして聞きこんだ英語を二、三、話す。それから黒板に、“I write a letter”と書く。そして、みんな進駐軍のアメリカ兵が教科書や辞書にあるとおりの英語を喋ってくれないといって怒っているけれど、それは無理な話なので、“オニオン”が“アニァン”、“スパゲッティ”が“スパゲリ”、オリーヴ“が”ァリヴ“になっても、どうしようもない。……たとえば手紙を書く。これは字にすると、”アイ・ライト・ア・レター“ですよ。けれどね、アメリカ人はけっしてそうはいいませんね。どうなるか、”アイライラレラ“ですよ。」(開高健『青い月曜日』より)

 

【開高健・この一節 ③】中学生、酒を飲む

のちに洋酒会社の名コピーライターになる開高健の、酒とのながい物語の第一歩。戦後すぐの大阪の闇市のただなかへ、はじめて自分で稼いだ金をもった中学生がひとりで出かける、この一節。

「『ウイスキー』

おかみさんは一升瓶からコハク色の液をドキッ、ドキッと注ぎ、いっぱいになっても、なお一息、二息、ドキッと注いでくれた。

『……あれ、おくれ』

となりの男の血まみれの臓腑を顎でしゃくってみせ、私はわざとものうげにつぶやいた。わくわくしているのを顔にだすまいと苦しんだ。おかみさんは黙って血まみれの臓腑をだしてくれた。皿に入れず、新聞紙にべたりとのせてだしてくれた。そしてとなりの男のトウガラシの皿をとって私のまえにおいてくれることまでした。合格した。満点だ。やっと合格した。誰ひとりいぶかしむものがない。私は“一人前”になったらしい。わくわくしながら私はくちびるをとがらしてコップに近づけた。」(『青い月曜日』より)

 

【開高健・この一節 ④】焦燥

高校生になった「私」はつよく「高校なんかどうでもいい」と思っているのだった。しかし入学してみると、あらためてまわりに違和感をおぼえずにはいられなかった。

「彼ら(注・同級生たち)は目的物をめざして道を歩いているようであった。教授の悪口をいいながらも鐘が鳴るとさっさと教室へ消えた。グラウンドにうずくまったままでいるのは私だけだった。いまのいままで死に至る病といか、存在が先か意識が先かとか、日本資本主義はあと一年で潰れるとか、羊の群れの画一主義だとか、口をきわめて嘲罵していたのが、校舎のなかでカラン、カランと藁のような老小使が鐘をふっていくと、いっせいに草むらから体を起して消えてしまうのだ。革命家、実存家、ニヒリスト、誰のノートもきれいに書きこまれ、まるで銀行の帳簿のようである。精緻に消費された力の気配に私はたちまち圧倒されてしまうのだ。拒みきれない何かがその浪費にはあるようなのだ。」(開高健『青い月曜日』より)

 

【開高健・この一節 】初体験

パン焼きのバイトをはじめた「私」。食べ物不足の時代、このバイトは家族のためのパンも得られ、パン焼き窯のそばは暖かな読書の場にもなった。パン屋のわかい未亡人との“交歓”の描写は開高流の肉感にあふれ、初体験のおののきとともに独特の手ざわりがある。

「小動物は大きく口をあけて食いついた。しゃぶり、たわむれ、しごいた。野卑に身ぶるいし、優雅に佇み、また臆病に去ったかと思うと果敢なはじしらずさで肉薄した。衝撃にたじろいだ瞬間、背骨をゆるがして純潔が噴出した。何事も知ることなく私は敗れた。恍惚とはずかしさで全身に汗が噴いてきた。はずかしさが大きく、暗く、おちかかってきた。私は眼をまじまじと瞠り、腕をおとした。毛深い小動物は濡れしとって口を大きくひらいて、おびえる子供を追おうとした。くわえこみ、ふるいたたせようとして、手ものびてきて、さぐりまわった。」(『青い月曜日』より)

カテゴリ:Facebookから ニュース 2018-11-04

次回企画展のお知らせ。

『10月13日(土)~2019年3月31日(日)』

「風に訊け――人生のマエストロ・開高健のライフスタイル・アドバイス」展

「週刊プレーボーイ」誌に連載された「開高健のライフスタイル・アドバイス」の中から珠玉の名回答を厳選し、紹介します。「ききすぎるクスリ」にご用心を!

kaiko「風に訊け」展_A4

カテゴリ:イベント ニュース 2018-10-06

【記念文庫からのお知らせ】 井草に「特集書架」導入、展示第一弾は開高健特集雑誌

【記念文庫に「特集書架」がはいりました】

◆東京・杉並の開高健記念文庫の一角に、新刊書、関連図書などとならんで、開高健の多彩な文業を紹介できる「特集書架」を導入しました。今回は、来年の「開高健没後30年」をひかえて、その生前、没後にさまざまな雑誌が組んだ「開高健特集号」をあつめ、面陳(表紙がみえるように展示すること)してあります。

◆1978年、生存の作家を大特集した伝説の「これぞ、開高健。」(面白半分増刊)から「新潮」「文學界」「ユリイカ」といった文芸誌やムック「ザ・開高健」「太陽」の追悼特集号の実物、「PLAYBOY」「サントリー・クォータリー」、あるいは最近の「kotoba」「SINRA」まで、じっさいに手にとって読んでいただけるかたちで展示します。

◆文庫関係者による「本のギャラリートーク」をご希望のかたはHPからの申し込み時におしらせいただければ準備いたします。

【記念文庫からのお知らせ】 記念文庫の所蔵する映像作品が視聴可能になりました

◆開高健は日本の作家のなかでも飛びぬけて映像作品のおおいことで知られますが、開高小説の映画化作品(『巨人と玩具』1958、『証人の椅子』1965)、TV紀行ドキュメンタリーだけでなく、釣りや食や酒のエッセイ番組、ウイスキーCM出演作、対談映像、ニュース録画など、その映像資料のおおくがいま「開高健記念文庫」に収蔵されています。
◆たとえば1990年1月12日夜のNHKニュース番組の録画テープ。青山斎場での葬儀で、あの感動的な弔辞をたんたんと読みあげる司馬遼太郎さん、弔辞のとちゅうで号泣してしまう佐治敬三さんのすがた。他のニュースとして川島紀子さんの納采の儀や、ソ連邦離脱直前にリトアニアにとんで引きとめに熱弁をふるうゴルバチョフのすがたなど、開高健の亡くなった29年前の「時代」が映り込んでいるのも感慨をさそうところです。
◆所蔵映像資料が「記念文庫」内で視聴可能です。開高健記念会HPから閲覧・視聴の申し込みをお願いしております。(開高健記念文庫 N・H)

釣り紀行作品から

開高健記念会の「公式Facebook」がはじまっています

◆【公式Facebookページ開設のご挨拶】
小説家 開高健(1930~1989)の功績と生き様を後世に伝えるべく、開高健記念会による公式Facebookページがオープンしました。
<開高健(かいこうたけし)とは>
1930年12月30日大阪生まれ。寿屋(現サントリー)に入社し「人間らしくやりたいナ、人間なんだからナ」などの広告コピーの才能で洋酒文化を日本に広げる。1957年「裸の王様」で芥川賞を受賞。以来「日本三文オペラ」「流亡記」など次々に話題作を発表。1960年代にはベトナム戦場に赴き、その経験は「輝ける闇」「夏の闇」など純文学の名作を生んだ。1978年「玉、砕ける」で川端康成賞、1981年には一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞、1986年、自伝的長編「耳の物語」で日本文学大賞を受けるなど、受賞多数。同じ時代の中では珍しい行動派の小説家として、小説文学以外にも、食や酒、旅、釣りなどのルポルタージュやエッセイなど多数残す。妻は詩人の牧羊子。1989年12月9日死去(58歳)
今後、本Facebookページにて、開高健の著作や関連コンテンツ、当時の元編集者が振り返る知られざるエピソードや記念会のイベント情報などを、随時お届けしてまいります。
よろしくお願いいたします。         運営「公益財団法人 開高健記念会」

https://www.facebook.com/kaikotakeshi/

 

◆【当時を振り返る】二人だけの命日
連載「ずばり東京」を終えた開高健さんは、秋元啓一カメラマンと戦火のベトナムへ飛んだ。そして3か月後、ベトコンが支配するDゾーンの掃討作戦に政府軍側から従軍。武器はいっさい持たず、見ることに徹する決意だった。明日は作戦開始という前夜、ベンキャット砦で「サイゴンに帰る」と申し出ればすべて終わりなのに、悶々として眠れないまま夜明けを迎えた。この作家としての懊悩が「ベトナム戦記」をルポから文学に高めている。大隊200人の中、生存確認は17人。まさに九死に一生を得たジャングルの戦闘。秋元カメラマンと互いに死を覚悟して撮り合った厳粛にして沈痛、かつ放心の表情――。二人は2月14日を命日と定め、毎年、余人を交えずに酒を飲み明かした。
(永山義高 / 当時「週刊朝日」編集部員)

カテゴリ:Facebookから ニュース 2017-11-12

【重要】 公益財団法人開高健記念会の会計報告が情報公開されています

開高健記念会では法人法及び当会定款の規定に従って会計報告(貸借対照表、財産目録、事業報告等)を情報公開しております。

当記念会HP(このサイトです)の

トップページ 「HOME]→「記念会について」→「情報公開」

からご確認ください。

●今年度(平成30年度)の会員を募集しております。ご入会につきましては、当会HPの

トップページ「HOME」→「記念会について」→「入会のご案内」

から、会費の振込先、入会フォームをご覧ください。

●公益財団への移行にともない、みなさまからの会費は当会寄付金等取扱規程にそって公益目的に使わせていただきます。これら会費等は公益財団法人への寄付として税控除の対象となります。

                                           開高健記念会事務局

IMG_0053

装幀家・三村淳氏と株式会社・中村活字が、

一字一字鉛棒を組み、一枚一枚、

出雲の手漉き和紙に刷り上げています

(金色は正会員、サポート会員は開高グリーン)

カテゴリ:ニュース 2016-07-25

ホテル・マジェスティック・サイゴン103号室「開高ルーム」に新銘板を寄贈しました。

ベトナム・ホーチミン市(旧サイゴン)の「ホテル・マジェスティック・サイゴン」は、日本人観光旅行者の間で人気が高い名門ホテル(1925年創業)のひとつ。フレンチ・コロニアル・スタイルの貫禄はサイゴン川畔でひときわ目立っています。このホテルで日本人文学ファンの熱い視線を集めているのが、「開高ルーム」と呼ばれる103号室。1964年11月から翌年2月まで、開高健さんが朝日新聞社の臨時特派員としてベトナムに滞在し、戦争ルポの名作「ベトナム戦記」を残したとき取材の拠点にした部屋です。

50年前の1965年2月、ジャングル掃討作戦を取材中にベトコン(南ベトナム解放戦線)に包囲されて敗走、200人の政府軍・米軍兵のうち集合地点での生存確認はわずか17人。まさに九死に一生を得てサイゴンに生還し、同行の秋元啓一カメラマンと103号室のベッドに倒れこんだのでした。部屋の内装は何度かリフォームされていますが、間取りはそのまま。目の前のサイゴン川沿いの夜景に往時が偲ばれます。2階なのに洪水のようなオートバイの喧騒も上がって来ません。

「103号室」は開高作品の中によく登場するので、部屋指定で予約する日本人も多かったようです。この人気に注目したホテル側では、部屋前の廊下の壁に「開高ルーム」の由来を説明する金属の銘板を取り付け、観光客の関心に応えていましたが、説明の日本語はいささか明晰さを欠いていました。

そこで開高健さんのベトナム取材50周年に当たり、公益財団法人開高健記念会では、この銘板の改定、寄贈を同ホテルに申し出て、このほど新しい銘板(日本語と英語)の装着が完了しました。

七つの世界遺産を持つベトナムにとって観光は重要な産業ですが、ホーチミン市のサイゴン川畔にはアメリカ資本の新ホテルも次々に進出。他方、老舗の名門ホテルは社会主義体制下で国営となって迎え撃っています。

このベトナム・ホテル戦争の中で、国営の「ホテル・マジェスティック・サイゴン」も2018年末には500室の高層の大ホテルとして生まれ変わる改造計画が進行中。フレンチ・コロニアル・スタイルの歴史的な一角はそのまま保存される予定です。同ホテルのトゥルオン・タン・ソン社長は、「新しい銘板の寄贈、有難うございました。激しい競争のなかで、103号室の開高ルームはマジェスティック・ホテルの貴重な財産です」と語っています。

3 生還直後の103号室(1965.2.15) 生還直後の103号室(1965.2.15)

4開高さんの写真を飾った現在の103号室 開高さんの写真を飾った現在の103号室1新銘板と103号室ドア

5ホテルマジェスティkック全景マジェスティック・サイゴン 2開高プレート新文面

 

カテゴリ:ニュース 2016-05-11

記念グッズに特製クリアファイル3種、ポストカード5種が加わりました

開高健記念館の記念グッズに「特製クリアファイル」3種と「ポストカード」5種が加わりました。

●クリアファイル(A4収納版、350円+税)

「悠々として急げ/明日、世界が滅びるとしても 今日、あなたはリンゴの木を植える」

「漂えども沈まず/朝露の一滴にも天と地が映っている」

「出版人マグナ・カルタ」など3種:

kuria.jpg

●ポストカード(1枚100円+税)

「漂えども沈まず」

「半ば子供の脳を持った大人衆と 半ば大人の脳を持った子供衆と そういう私自身のために」

「身のまわりのすべての事物がバラバラに 分解するような気持になったら、魚釣りにいけ。」

など5種が加わり、現在計16種類。

カテゴリ:ニュース 2013-05-06

『夏の闇』自筆原稿を完全再現!最高傑作が作家自身の筆遣いで読める、特別限定愛蔵版が完成

natsunoyami-atutograph2.jpg

直筆原稿版『夏の闇』(原寸大・函入・部数限定)

小説家・開高健が心血を注いだ代表作を、408枚の直筆生原稿そのまま、原稿用紙の質感に迫る原寸大で再現。精緻で圧倒的な小説世界が、作家の筆遣い、息遣いとともに直に伝わってくる特別愛蔵版です。担当編集者による解説、編集者マグナカルタ(直筆)なども同梱。頒布価格15,000円(税別)

お買い求めは、開高健記念館(下記)へ電話・FAX、もしくはe-mailでお申し込みください(代金以外に別途送料がかかります。送付先により送料が変わりますのでお申し込みの際にお問い合わせください)。

開高健記念館
〒253-0054 神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-6-64
電話&FAX:0467-87-0567
e-mail:kaiko@k9.dion.ne.jp

 

カテゴリ:ニュース 2009-02-18