開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

【重要】 茅ヶ崎市開高健記念館は平成28年10月1日から入館料が有料化されました

平成28年10月1日(土)より茅ヶ崎市の「開高健記念館」と「茅ヶ崎ゆかりの人物館」の入館料が有料になりました。

観覧料は各館200円、2館共通観覧料は300円です。

カテゴリ:紅茶会 2016-09-23

10月のギャラリートークは、10月23日(日)午後2時に変更になります。

茅ヶ崎の開高健記念館で、記念会のメンバーが館内のご案内をする催し「ギャラリートークの日」(毎月最終日曜日開催)。

今月は開催が10月23日(日)午後2時からに変更になります。

案内人は、永山義高(開高健記念会理事長)です。

カテゴリ:紅茶会 2016-09-21

9月25日(日曜日)のギャラリートークは「手紙の達人・開高健」

家族へ、友人へ、文壇関係者へ、開高健が綴る手紙は、もう一つの開高文学と呼べるほど実に魅力的な表現にあふれています。今回は、いくつかの手紙を取り上げながら、その魅力を探っていきます。

【日時】9月25日(日)午後2時から

【案内人】坪松博之(開高健記念会理事)

【略歴】1960年生まれ。サントリー㈱に入社。広報部で「サントリークォータリー」の編集を担当する。開高健からは「モテまっちゃん」と呼ばれ、茅ヶ崎の開高宅に通う日々を続けた。著書に『壽屋コピーライター開高健』ほか。

カテゴリ:紅茶会 2016-09-21

6月26日のギャラリートークは「思い出の開高さん牧さん」

今を去る三十余年前、入社ほどなく毎月原稿をいただきに茅ヶ崎通いした頃のことを思い出しながら、開高健さんと奥様の牧羊子さんを語ります。

【日時】 6月26日(日曜日) 午後2:00から。

【案内人】 冨澤祥郎(開高健記念会理事)

【略歴】1958年生まれ。新潮社出版部勤務。入社早々、開高健の自伝的連載小説『耳の物語』の原稿を受け取りに、毎月茅ヶ崎に通う。

カテゴリ:イベント 紅茶会 2016-06-22

恒例の「開高健とボジョレー・ヌーヴォーの会」が開かれました

会員の方々を中心に、樽酒のボジョレー・ヌーヴォーを飲みながら開高健を語り合う会、没後25年の今回も命日の12月9日(火)の開催となりました(日比谷・日本プレスセンタービル内「アラスカ」にて)。

パーティに先立ち、「それぞれの 開高健」についてお話しいただく「紅茶会」講演、今年はラテンアメリカ文学研究家で翻訳家の木村榮一さんに講師をお願いしました。演題は「イメージと映像 ──開高健とガルシア=マルケス」。今年亡くなったノーベル賞作家ガルシア=マルケスの翻訳も数多くてがけている木村さんが、ほぼ同時代を生きた文学者として開高健とガルシア=マルケスのそれぞれの作品にふれつつ、その相似と違いをご自身のガルシア=マルケスとの交流や体験をまじえて語りました。

shou_kimurasi.jpg  講演中の木村榮一氏

続いて6時からパーティに入り、冒頭に永山義高・当会理事長より挨拶と記念会の活動報告がありました。この8月、懸案であった公益財団の認定を受け、設立母体だったNPOを解散して正式に「公益財団法人開高健記念会」となったことが報告されました。また開高健没後25年にあたる今年、関連本や雑誌の特集があいついだことも報告がありました。

前開高健記念会会長の坂本忠雄さんによる乾杯(献杯)のあと、『ジャスミンの残り香 ──「アラブの春」が変えたもの』で第12回開高健 ノンフィクション賞(主催・集英社)を受賞された田原牧さんへ、会からの記念品として、「愛蔵版 直筆原稿 夏の闇」が贈呈されました。また、11月 に配信完結したばかりの「開高健電子全集」全巻の入った電子書籍端末も、版元の小学館から贈呈されました。

各地から駆けつけた方々は80名余り。ワインや料理を楽しみながら8時過ぎまで歓談されました。

カテゴリ:イベント 紅茶会 2014-12-11

7月28日(日)、フォトジャーナリスト・森枝卓士氏「紅茶会」講演会のお知らせ

「もしタイムマシンで20世紀のどこかに行けるなら、1964年にもどって、サイゴン、ホテル・マジェスティックで開高健とマティーニをすすりたい。」

かつて「エスクァイア日本版」にそう書いた フォトジャーナリスト・森枝卓士氏の「紅茶会」講演会が行われました:

●日時

2013年7月28日(日) 午後2時~

●場所

開高健記念館(茅ヶ崎市)

●演題

「筆舌に尽くす ──開高健と 〈食〉 とわたし」

●講師プロフィール

(もりえだ・たかし) 1955年、熊本県水俣市出身。国際基督教大学卒。水俣病取材におとずれたユージン・スミスの影響で ジャーナリストを志し、開高健らへの憧れもあって東南アジアへ。 フォトジャーナリストとして、「食」にまつわる著作も多数。主な著作に、『カレーライスと日本人』(講談社現代新書)、『私的メコン物語 ──食から覗くアジア』(講談社文庫)、『食べもの記』(福音館書店)、『旅、ときどき厨房』(ポプラ社)など。

*今月の「ギャラリートークの日」 はお休みをいただきます。

カテゴリ:イベント 紅茶会 2013-07-09

「作家志望青年・開高健」講演会のお知らせ

3月18日(日)午後2時~

茅ヶ崎市図書館会議室にて

芥川賞受賞以前、「作家志望青年」だった開高健に焦点を当てた、開高健記念館の企画展示「作家志望青年・開高健の情熱の日々」。

その展示を準備するなかで見えてきた若き日の作家の像を、開高健記念財団の坪松博之理事が語りました。

sm_tsubomats.jpg

カテゴリ:イベント 紅茶会 2012-03-17

開高健情報の宝庫、「紅茶会」講演集「ごぞんじⅥ」が出来上がりました

2年ぶりに、生前の開高健と近しかった方、開高健を見つめて来られた方々の講演を収録した「ごぞんじⅥ」が出来上がりました。

開高健記念館で1500円で頒布を開始しました(A5判160ページ)。

今回収録されているのは、以下の講演です。

●「ごぞんじ 開高健 Ⅵ」(2011年12月9日刊行)収録分

開高健の魅力 坂本忠雄
記憶断片、開高さんをめぐって 柴田 翔
ルポと文学の狭間 ──「ずばり東京」からベトナム戦争への疾走 永山義高
開高健文学の魅力 佐野眞一
開高健の内と外 黒井千次

すでに刊行している講演集「ごぞんじ 開高健 Ⅲ」(A5判272ページ)、「同 Ⅳ」(A5判264ページ)、「同Ⅴ」(A5判296ページ)もあわせてご覧ください。(「Ⅰ」「Ⅱ」は売り切れております)

カテゴリ:紅茶会 2011-12-29

平成22年12月9日、開高健と「ヌーヴォーの会」と「紅茶会」が催されました

「ヌーヴォーの会」及び「紅茶会」が開催されました。
紅茶会には作家の黒井千次さんにお話しをしていただきました。
「ヌーヴォーの会」は、開高健の好きだったボジョレ・ヌーヴォーを飲みながら会員が語り合う会です。

<日時>
平成22年12月9日(木)
「紅茶会」     16:00~17:30   ※講師 作家 黒井千次
「ヌーヴォーの会」 18:00~

<会場>
  レストラン アラスカ(日本プレスセンタービル10F)
東京都千代田区内幸町2-2-1  TEL 03-3503-2731

<会費>
  開高健とヌーヴォーの会   8,000円

※2011年度「開高健記念会」の会費は当日受付させていただきます。

カテゴリ:イベント 紅茶会 2010-12-03

紅茶会講演集「ごぞんじ開高健 Ⅴ」が出来上がりました

「紅茶会」講演集「ごぞんじ 開高健 Ⅴ」が出来上がりました。A5判、2段組、296ページ。

日曜日の午後、開高さんが愛した紅茶を飲みながら、それぞれにとっての開高健を語る「紅茶会」。すでに刊行している講演集「ごぞんじ 開高健 Ⅲ」(A5判272ページ)「同 Ⅳ」(A5判264ページ)もあわせてご覧ください。

●「ごぞんじ 開高健 Ⅴ」(2009年12月9日刊行)収録分

開高先生と越前ガニ 長谷政志
開高健の招待状 ――出会いとベトナムの記憶 阿奈井文彦
ベトナムと開高健 石川文洋
開高健・映像の裏側 東條忠義
開高健と山口瞳 石井 昂
大日本落胆派 小畑祐三郎
開高健 モンゴルを駆けた夢 高橋 曻
開高健とパイプ 青羽芳裕
耳の人・開高健 豊田健次
『ずばり東京』連載のころ 永山義高
開高さんと高橋さん 菊池治男
ウイスキーと北極イワナ C・W・ニコル
対談 『夏の闇』翻訳秘話を語る セシリア・瀬川・シーグル、坂本忠雄

ご希望の方には開高健記念館(茅ヶ崎)にて1500円で配布しております。(部数限定です。申し訳ありませんが「Ⅰ」「Ⅱ」はすでに売り切れております)。

「ごぞんじ開高健」のバックナンバーの内容はこちらをごらんください。

http://kaiko.jp/wp/?p=51

カテゴリ:紅茶会 2009-12-17
次ページへ »