開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

7月のギャラリートークは、「開高健の本づくり」

【日時】 7月30日(日)午後2時~

【案内人】 三村 淳(開高健記念会理事)

【略歴】 装幀家 『オーパ!』シリーズ、『もっと遠く!』『もっと広く!』『珠玉』など開高健の話題作を数多く手がける。

カテゴリ:イベント ニュース 2017-06-19

6月のギャラリートークは、「茅ヶ崎『男の城』から『大いなる野外』への旅立ち」

【日 時]】 6月25日(日)午後2時~

【案内人】 永山義高(開高健記念会理事長)

【略歴】朝日新聞入社2年目に、「週刊朝日」連載『ずばり東京』とベトナム取材の担当者に。副編集長、編集長として『もっと遠く!』『もっと広く!』『国境の南』を連載する。元朝日新聞社取締役(出版担当)。

 

カテゴリ:イベント ニュース 2017-06-19

5月のギャラリートークは、「開高健記念館と牧羊子さん」

開高健記念館が開館してはや15年目。茅ヶ崎市民はもとより全国から熱心な開高ファンが集います。作家の日常生活を偲び、創作活動の一端をも想像させてくれる、全国でも数少ない記念館が設立されたゆえんを、最大の功労者、開高健の妻・牧羊子さんからひもときます。

【日 時】5月28日(日)午後2時から

【案内人】森 敬子(開高健記念会理事)

【略歴】元TBSブリタニカ編集者。開高番として務めたのち、開高さん亡き後に開設された「開高健賞」(1992~2001年)の事務局として牧羊子さん、開高道子さんとの交流を深める。

カテゴリ:イベント 2017-05-18

「開高健・城山三郎二人展―茅ヶ崎を愛した二人の足跡を辿って」開催中です。

【期間】2017年4月15日~9月30日(土)

今回、茅ヶ崎市開高健記念館と茅ヶ崎ゆかりの人物館は、ひとつの企画を両館で構成する形をとりました。開高健記念館では開高健を、ゆかりの人物館では城山三郎を紹介します。

 

芥川賞作家の開高健、直木賞作家の城山三郎。文学界を代表する二人の作家は、ともに茅ヶ崎に移住し、その生涯を終えるまで、この地を制作と生活の拠点としました。本企画展は、茅ヶ崎が誇る同時代を生きた二大作家について、改めてその偉大な作品世界を紹介します。また、作家としての側面だけでなく、一人の人間としての実像にも触れていきます。

 

二人が愛した湘南のゆったりとした空気の中で、海に臨むラチエン通りの小高い丘に立地する二館と植栽豊かな庭をお楽しみください。

 

開館日=金・土・日・祝日(臨時休館あり)

開館時間=10時~18時(4月~10月)*入館は17時30分まで

場所=茅ヶ崎市開高健記念館 電話:0467-87-0567

茅ヶ崎ゆかりの人物館 電話:0467-81-5015

 

★講演会「開高健―生きた、書いた、ぶつかった!」

日時:4月29日(土)13:30~15:00

講師:小玉 武(ノンフィクション作家)

場所:茅ヶ崎ゆかりの人物館(多目的館)

申し込み:電話で茅ヶ崎市役所文化生涯学習課へ。電話:0467-82-1111

カテゴリ:イベント ニュース 2017-04-21

4月のギャラリートークは「開高健と茅ヶ崎」

茅ヶ崎時代の開高健のライフスタイルをご紹介します。

【日時】4月30日(日)午後2時から

【案内人】坪松博之(開高健記念会理事)

【略歴】1960年生まれ。サントリー㈱に入社。広報部で「サントリークォータリー」の編集を担当する。開高健からは「モテまっちゃん」と呼ばれ、茅ヶ崎の開高宅に通う日々を続けた。著書に『壽屋コピーライター開高健』ほか。

カテゴリ:イベント 2017-04-20

〔臨時休館のお知らせ〕

開高健記念館は2016年4月1日(土)~14日(金)のあいだ、企画展準備のため休館します。

休館明けの開館日は4月15日(土)です。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ:イベント 2017-03-21

11月のギャラリートークは「茅ケ崎に住んだ男の残したものは」

1974年以降、茅ケ崎の住居を移した男・開高健は、それまで以上に精力的に世界中を駆け巡りながら、小説・エッセイ・ルポ・TV番組・TV-CMにと活動の場を広げていきました。そんな開高健の足跡と魅力を、彼が出演した全TV-CMをご覧いただきながら追いかけます。

[日時]11月27日(日)午後2時から

[案内人]藤森益弘(開高健記念会監事)

[略歴]作家、評論家、CMプロデューサー。広告制作会社サン・アド就業時、開高健出演のTV-CMに関わる。小説『春の砦』、『モンク』、映画評論『ロードショーが待ち遠しい』など刊行。

カテゴリ:Uncategorized イベント 2016-10-27

10月のギャラリートークは「茅ヶ崎を選んだ開高健、 守るも攻めるも『男の城』は」です。

今回の案内役は「週刊朝日」で開高さんの連載「ずばり東京」「べトナム戦記」の担当者。開高さんは結婚する若い編集者に、「自分の住まいに男の城を作らんとアカンよ」とアドバイスしたが、1974年に自らの「男の城」を築く場として選んだのが茅ヶ崎だった。ところがこの「隠れ城」に、やがて夫人の牧羊子さんと娘の道子さんが移り住んで来て風雲急を告げる。開高さんは「男の城」をどう守ったのか。ここで数々のルポ名作の計画を練り、世界各地に出陣して、59歳直前で亡くなるまでの思い出を語ります。

【日時】10月23日(日)午後2時から

【案内人】永山義高(開高健記念会理事長)

【略歴】朝日新聞入社2年目に、「週刊朝日」連載『ずばり東京』とベトナム取材の担当者に。副編集長、編集長として『もっと遠く!』『もっと広く!』『国境の南』を連載する。元朝日新聞社取締役(出版担当)。

 

カテゴリ:イベント 2016-10-13

【重要】 茅ヶ崎市開高健記念館は平成28年10月1日から入館料が有料化されました

平成28年10月1日(土)より茅ヶ崎市の「開高健記念館」と「茅ヶ崎ゆかりの人物館」の入館料が有料になりました。

観覧料は各館200円、2館共通観覧料は300円です。

カテゴリ:紅茶会 2016-09-23

◇10月1日からの次期企画展のお知らせ

「開高健、茅ヶ崎に棲む―マエストロの仕事場」

会期:2016年10月1日(土)~2017年3月26日(日)

開館日:毎週、金・土・日・祝祭日

観覧料:200円(茅ヶ崎ゆかりの人物館との共通観覧料300円)

 

1974年12月、茅ヶ崎市東海岸南に仕事場は完成しました。

烏帽子岩の向こうに初日の出を拝み、書斎から松林を眺め、週に2回は水泳教室に通い、帰りはラチエン通りのなじみの店に立ち寄りました。

茅ヶ崎の自然や人々に深く接しながら、開高健は数多くの作品を生み出してきました。書斎におかれていた原稿用紙、愛用の万年筆やパイプ、釣り道具の数々、愛読書、1週間の予定を記した自筆のメモなど、貴重な品々を展示しながら、開高健がいかに茅ヶ崎を愛し、どのような日々を過ごしてきたか、その一端を紹介します。

カテゴリ:イベント 2016-09-21
次ページへ »