開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

【記念文庫からのお知らせ】 記念文庫の所蔵する映像作品が視聴可能になりました

◆開高健は日本の作家のなかでも飛びぬけて映像作品のおおいことで知られますが、開高小説の映画化作品(『巨人と玩具』1958、『証人の椅子』1965)、TV紀行ドキュメンタリーだけでなく、釣りや食や酒のエッセイ番組、ウイスキーCM出演作、対談映像、ニュース録画など、その映像資料のおおくがいま「開高健記念文庫」に収蔵されています。
◆たとえば1990年1月12日夜のNHKニュース番組の録画テープ。青山斎場での葬儀で、あの感動的な弔辞をたんたんと読みあげる司馬遼太郎さん、弔辞のとちゅうで号泣してしまう佐治敬三さんのすがた。他のニュースとして川島紀子さんの納采の儀や、ソ連邦離脱直前にリトアニアにとんで引きとめに熱弁をふるうゴルバチョフのすがたなど、開高健の亡くなった29年前の「時代」が映り込んでいるのも感慨をさそうところです。
◆所蔵映像資料が「記念文庫」内で視聴可能です。開高健記念会HPから閲覧・視聴の申し込みをお願いしております。(開高健記念文庫 N・H)

釣り紀行作品から

企画展「『耳の物語』を読む」~9/30まで。

茅ヶ崎市にある「開高記念館」で、新しい企画展「『耳の物語』を読む」が開催されています。

音の記憶をたよりに自らの半生を描いた長編小説『耳の物語』。
小説の冒頭「耳から過去をとりだしてみようと思いたった」と書いている。
今回は、この作品の自筆原稿、関連資料を紹介しながら、自身の半生をいかに再構築したかを探っていきます。

カテゴリ:ニュース 2018-04-26

4月の茅ケ崎ギャラリートーク、実施日が4月30日(月)に変更になりました

今回の案内役は「週刊朝日」で開高さんの連載「ずばり東京」「べトナム戦記」の担当者。

【日時】4月30日(月)午後2時から

【案内人】永山義高(開高健記念会理事長)
【略歴】朝日新聞入社2年目に、「週刊朝日」連載『ずばり東京』とベトナム取材の担当者に。副編集長、編集長として『もっと遠く!』『もっと広く!』『国境の南』を連載する。元朝日新聞社取締役(出版担当)。

カテゴリ:Uncategorized イベント 2018-04-26

【記念文庫からのおしらせ】4月から記念文庫の開館日に第1、第3日曜日が加わります

東京・杉並の開高健記念文庫です。これまでの開館日(毎週水曜日、木曜日)に加え、この4月から第1、第3日曜日が新たに開館日となります。

【開館】毎週 水曜日、木曜日、および、第1日曜日、第3日曜日

・4月の開館日は1、4、5、11、12、15、18、19、25、26日

・開館時間はいずれも午後1時~4時です。

ご来館には事前予約が必要です。開高健記念会ホームページ(このサイトです)→「閲覧のご案内」の申し込みフォームからお願いいたします。

カテゴリ:ニュース 記念文庫からのお知らせ 2018-03-26

3月のギャラリートークは、「これまで語られなかった30年目の真実」

【日時】 3月25日(日)午後2時~

【案内人】 森啓次郎(開高健記念会理事&南北両アメリカ縦断・同行記者)

 

1979年から80年にかけて9カ月間かけて行なわれた南北両アメリカ大陸縦断の釣り紀行『もっと遠く』(北米編)『もっと広く』(南米編)に同行した記者が、これまで明かされなかった衝撃の事実について語ります。場所は南米コロンビア、原稿では「どう用心しても、どうしようもない。鼻さきを鋭い爪にかすめられたような感触であった」とわずか14行に書かれている。裏に隠された驚くべき真実とは何か。没後約30年(旅から40年)たった今、そのすべてを語ります。

 

【略歴】元「週刊朝日」編集長。1979年当時、「週刊朝日」記者として9カ月にわたる作家・開高健氏の南北両アメリカ縦断・釣り紀行に同行。そのうち、メキシコからアルゼンチンの突端「フエゴ島」まで6カ月間を一緒に旅した。その旅は、空前絶後、前代未聞の連続だった。開高氏は『もっと遠く』『もっと広く』刊行後、これら一連のルポルタージュに対して菊池寛賞を受賞した。

カテゴリ:イベント 2018-03-17

【開高健記念文庫より】 伝説の雑誌「洋酒天国」を隅からすみまで見る楽しさ

開高健記念文庫には、昭和30年代にトリスバーの常連客向け広報誌として発刊された「洋酒天国」のコーナーがあり、手に取って見ることができます。

編集兼発行人開高健、イラスト柳原良平の名コンビでスタート。たちまち人気を博しましたが、市販されず、入手困難だったため、伝説の雑誌と言われたものでした。

作家、映画評論家、画家、音楽家、女優、ホテル支配人、外国特派員、船乗りなど多彩な顔ぶれによる、軽妙なエッセイあり、うんちくを傾けた教養篇あり、トリビアあり、お色気ありで、どのページからも時代が匂い立っています。ある来館者いわく「それでいて今見るとレトロで、不思議に懐かしいですね。」

ご来館のさいは、このコーナーもぜひご覧ください。(N.H)

記念文庫の特別展示、「青い時代」の開高健が書いた先輩へのはがき

「北尾書店採用決定しました。えらいしんどいとこや。三ヶ国語ペラペラのふれこみがたたって ドイツ語できゅうきゅういわされてる。……まいにち疲れてる。青年は安全な株は買うべきではない、とコクトォが云いよった。ぬしと早く逢いたい。」

22歳の子持ち大学生・開高健が大学の先輩にあてたはがきが、開高健記念文庫で特別展示中。自伝的小説『青い月曜日』で描かれた、青々しくも切ない日々の実相がうかがえる興味ぶかい資料です。いま記念文庫のある東京・杉並に引っ越してきた当時をつたえる、牧羊子との連名の案内状なども同時に展示されています。

開高健記念文庫から──獄中で読む開高健

昭和30年から40年代「死刑囚の歌人」として知られた島秋人は、獄中から罪深さ、悔い、いのちの切なさ、幼児期に亡くなった母への思慕を歌って多くの人の心を打ちながら、33歳で処刑されました。その死後に刊行された歌集『遺愛集』(東京美術刊 1974)が、このほど開高健記念文庫に寄贈されました。

「あとがき」にこうあります。私が短歌を始めた事のなりゆきは、拘置所の図書で開高健著『裸の王様』を読んでのことだった。絵を描くことによって暗い孤独感の強い少年の心が少しずつひらかれてゆく。当時の私の心を打った読後感とともに、絵を描きたい、童心を覚ましたいという思いを強くさせられた、と。

このとき死刑囚は26歳。そうした絵への思いが発端となって歌人・島秋人の誕生につながった経緯がこのあとがきからうかがえます。自分の小説がそのように読まれていたことを著者・開高が知っていたかどうか、それは定かではありません。(N・H)──下の写真は開高作品の外国語版・記念文庫所蔵

カテゴリ:記念文庫からのお知らせ 2018-01-23

来館者のノートから(2017年9月~12月)

四回目の来館です。(2017.9.3 O)

 

初来訪。「輝ける闇」「オーパ!」等、愛読しました。釣りとタバコと酒と美食。好きだったんだなぁー‼(2017.9.8 E・O)

 

近く(大磯)にすんでいるのになかなか来られませんでした。念願がかないやっと訪問することができました。すごくよかったです。話されている言葉も一言一言、含蓄のある言葉で、若くして亡くなられたのに、ものすごく老成した感じがいたしました。お友達を連れて、もう一度来たいと思います。(2017.9.15 A・Y)

 

念願かなってやっと訪れました。私の友人(故人 昭和8年生まれ)が大阪で壽屋に勤めていた頃、よく開高さんのお話をしていたことを思い出しました。その後、作家に転じられ、数々の名作を残されたこと、もう少し長生きして世の移り変わりを書いてもらいたかったことなど、開高さんへの思いを亡き友人に捧げた今日の一日でした。(2017.9.24 N・N)

 

茅ヶ崎界隈を訪ねる!!ということで、憧れの開高健記念館に来ました。豪快な生き方で、楽しいドキュメントも含めた書き物には、感心して読みました。ありがとう。(2017.9.29 K・H)

 

すばらしい雰囲気。ありがとうございます。(2017.9.20 東京・中野 M・Y)

 

私も釣りが大好きで、お酒も飲みます。いつまでも記念館がありつづけてくださるよう。(2017.9.30 千葉市・美浜区 S・S)

 

そちらの居心地はいかがですか? 「青い月曜日」は何度も読み返しました。(2017.10.14 広島市 H・N)

 

釣り紀行に感化され、アラスカとアマゾンまで釣りに行きました! 良い作品に巡りあえました。ありがとうございます。(2017.10.21 福岡県 K・T)

 

開高先生、漸く訪れることができました。先生の数々の一点一点が、煌くような足跡を思い浮かべつつ、漂い(ただ酔い)ます。また必ず伺います。その時はまたよろしくお願い致します。それでは。TOAST 乾杯! (2017.10.28 南足柄市 55歳)

 

何かの事情があって野外へ出られない私、鳥獣虫魚の話の好きな私、人間や議論に絶望した私……。そんないい歳をした私に対し、あなたの文体は、あれ・これ・それ・何かと私をそそのかす要素があります。だから40年以上も読み続け、複数回、ここ開高健記念館を訪れました。今日もまた訪ねてきました。あなたより一歳年上となりましたが、あなたから学ぶことがまだまだ多い日を楽しみに生きてみます。(2017.11.3 杉並・荻窪 H・A)

 

とても素敵な人生を歩まれましたね! やはり自我のあり様は自分にしかわからないのかな? 自分をもっとみつめて生きねばと思います。(横浜市 M・H 81歳)

 

ずっと来たかった場所に来ることができました。息子の名前を開高健さんの一文字「開」をもらい「開介」と名づけました。これからも作品を読みつづけます。(2017.11.5 平塚市 H・S A・S K・S)

 

ぶっ飛んで静寂。動と静。ここにいて感じるものは、この二つで、それ以外は測り知れない魂の明滅。人間のスケールは身体の大きさではなく、やはりその深さだ。給料日前の釣り人は、しばしここ開高健記念館に滞在す。(2017.11.19 中野区 H 62歳)

 

2年ぶりに来ました。自分も釣りをしますが、今年は良い釣果がありませんでした。開高先生にパワーをもらい、来年こそ大物をキャッチできれば。(2017.12.2 相模原市 M・N 51歳)

 

開高忌の前日に、26年住んでいる東京から東海道をゆく感で、ようやく辿り着きました。師匠の仕事場の、筆のエネルギーにひたりました。遊びとリスクに向きあいつつ、アジアの激動についての私なりのレポートを書いてみたいと思います。(2017.12.8 H・T)

 

先生、やっと来られましたが、寝不足のせいか、居心地がよいのか、眠気が強くて、すみません! お庭の水仙が咲いたころに、シャキッとして出直します。あともう一つ。先生の「白いページ」の、昔の装丁のやつを3冊、トイレに置いて読んでいます。ごめんなさい! トイレで活字を読みたくなるクセがあるのです。先生の本が、子供の頃から家にあって、特にこの「白いページ」は、大人のそして男の世界を、私に教えてくれていたのです。いつの間にかなくしていてのですが、先日ヤフオクで同じ物をみつけて、ほんとうに嬉しいです! 先生の文章、言葉は、今も、昔も、かわらないなあ。艶があって……。これからもよろしくです、先生!(2017.12.9 M・I)

 

今回で2回目の来館となります。相方は10回目です。また来年来られるよう、元気でいたいと思います。(2017.12.9 J・M)

 

先ほどのM・I。続きを書かせてください。先生、今日は先生の命日だったのですね。わからずに訪ねてきて……。ご縁なのか……いま、何とも心を動かされています。先生、生まれてきてくれて、小説家になってくれて、書き続けてくれて、ありがとうございます! 寒くてもう書けませんが、あこがれ続けます!(2017.12.9 M・I)

 

一日遅れで追悼に来ました。無二の親友(物故)といいあったことを思い出して、大切に生きています。彼「大江を読め!」と私に無理強いの議論を吹っ掛けてきましたが、私「いいや、読むべきはカイコーだ!」と。高校生の青い論争でした。あれからもう50年余の年月が経ちました。そろそろ人生の締めくくりが必要になってきました。改めて彼と、ああだ、こうだと、再び話し合えることになるかも。それと、サントリーのビールの発売にあたってモニターを務めて、毎月ビールを送っていただいたことも、懐かしく……。(2017.12.10 T・K 76歳)

 

大阪出身の釣り好きです。初めて来館させていただきました。ほんのちょっぴり先生に近づけたような気がします。ありがとうございました。来てよかったです。(2017.12.15 H・M)

 

NYで働くようになって早や2年が経ちました。早ければ来年の夏には、帰国せざるを得ないかもしれません。かの地でお世話になった方々に、先生の言葉を贈りたいと思って参りました。「若きの日に/旅をせずば/老いての日に/何をか、/語る?」この言葉を文字通り座右に置いて、私も異国での月日を過ごしてきました。自分にとっての軸のようなものが先生の言葉です。これからも大切に、残りのアメリカでの日々を頑張ります。帰国したら、またご挨拶に来ます。(2017.12.17 在NY S)

 

山口から来ました。中学生の時に「フィッシュ・オン」と出会ってから30年来のファンです。いつも想像していた書斎の様子に感動しました。念願かなって、ここの空気を吸えている自分がうれしいです。(2017.12.23 M・F 45歳)

カテゴリ:来館者のノートから 2018-01-07

東京・杉並の旧開高宅跡に「開高健記念文庫」がオープンしました

施設について 「開高健記念文庫」は開高健記念会の公益財団法人化を機に、東京・杉並にあった旧開高宅を、茅ケ崎の「開高健記念館」とならぶ開高文学のあたらしい発信基地として公開するものです。開高健の全著作、関連書籍・雑誌類のほか、蔵書類、直筆原稿、写真・画像類、愛用・愛蔵品など他では実見できないものを順次、展示・公開していく予定です。

【名称】開高健記念文庫

【所在地】〒167-0021 東京都杉並区井草4-8-14(記念会2F)

●「開高健記念文庫」は完全事前申し込み制です 一般公開ではありますが、展示資料の性質上、以下の閲覧ルールにご協力をお願いいたします。

①開館日、時間:

毎週水曜日・木曜日の午後1時~4時

②完全事前申し込み制:

入館・資料閲覧は無料ですが、事前申し込みが必要です。開高健記念会ホームページ(当サイトです)の「開高健記念文庫 閲覧申込フォーム」からお申し込みください。

③閲覧受け入れ人数:

受け入れ人数は1度に5人までとさせていただきます。

● 来館時のご注意:

 当文庫は普通の民家のなかに開設されています。西武新宿線「井荻」駅北口より徒歩で7、8分。「井草森(いぐさのもり)公園」南側の道路から1軒南に入った二階家(サイン類は目下準備中です)。

(公園南側道路から見た文庫外観。この裏側に玄関があります)

 

次ページへ »