開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

池澤夏樹個人編集 日本文学全集 21『開高健 日野啓三』刊行

ひとりの作家の文学観によって編まれた日本文学全集。開高健は日野啓三とバインドされて1冊となり、作品としては『輝ける闇』と『人とこの世界』からの1篇「地図のない旅人 田村隆一」が選ばれている。

「世界の向う側と人間の闇を探った二人の作家。ベトナム戦争から始まる対照的な作品世界」(おびコピー)

編者による巻末解説で池澤夏樹氏は『輝ける闇』を「初めて明言しておくが、これは傑作である。彼の生涯で最高の傑作。」としている。ふたりの作家における女と救済についての問いかけも興味深い。

shou_ike.jpg  河出書房新社刊 定価3100円+税

カテゴリ:メディア 2015-10-04

来館者のノートから(8-9月編)

開高健記念館を訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

◆先生のような方に人生を教えていただきたいです。言葉が欲しいのかも。またきます。(2015.8.22  ●)

◆子供の夏休みの宿題で「ベトナム」について調べることにより、何度か訪れているこちらに足を運びました。また時折、お伺いしたいと思います。(2015.8.28  M)

◆念願がかないようやく来ることができた。学生時代から憧れ、開高健のように生きたいと思い、自分のやりたいことをやっ てきた結果、大学教員になった。この場にいることだけで感動にあふれ涙が……。改めて人間・開高健を感じることができ、学生時代に感じたギラギラした感情 とともに、もうすぐ42才になる少し大人になった自分が合わさり、ちょっと開高健にシンクロできた快いこの時間。この感覚と感情を今日からの生き方にしっ かり生かしていこうと思う。また訪れたいと思います。(2015.9.11  K)

◆今回は三度目の来館。八か月ぶりの。夕暮れ時の秋の静けさの中、このテラスで白想に耽る時間は心地よいものです。また来ます。今度は来春頃に。(2015.7.11)

shou_boushi.jpg

◆ ようやく来ました。高校生のころから50年間、ずっと開高さんを読んできました。何度読んでも色あせることがなく、いつも発見があります。開高さんの書いたものがいつまでも読みつがれていきますように!(2015.9.19  O・K)

◆前々から来たかった開高記念館に初めて来館。ここに来れば、先生の世界観をより身近に感じられるかも……との思いのもと、色々拝見しました。また次に来る時には、新しい発見を見つけられる、きっと。(2015.9.21  N・N)

 (*以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

 

カテゴリ:来館者のノートから 2015-09-28

文藝別冊「生誕85年記念総特集 開高健 増補新版 体験からの文学」発売中です

生誕80年記念に「KAWADE夢ムック」の1冊として刊行されたものの増補新版。母校・天王寺高校の後輩たちの前で1978年におこなわれた抱腹絶倒の講演を新たに収録。

bungei_shou.jpg (河出書房新社 1300円+税)

カテゴリ:メディア 2015-08-02

大阪最後の大旦那と珠玉の作家の生涯『佐治敬三と開高健 最強のふたり』刊行

読み応えじゅうぶんの本格的な対比評伝が刊行された。オビには:

”ひとりは勝算なき 「ビール事業」に挑み、もう一人はベトナム戦争の最前線に身を投じる。生産量世界一のウイスキーをつくったサントリー佐治と無頼派作家開高の不思議な友情がかなえた、巨大な夢”

季刊誌「マグナカルタ」の連載分に大幅な加筆がなされたもの。

(北 康利著 講談社 1800円+税)

shou_saji1.jpg

カテゴリ:メディア 2015-07-19

「蘇生版 水の上を歩く? 開高健×島地勝彦」酒場でジョーク十番勝負が発売

かつて酒場の一角を舞台に、あらん限りの持ちネタを駆使して闘わされた、壮烈なジョーク対談。開高健はロバート・キャパの著書『ちょっとピンぼけ』を評して「生きるか死ぬかの瀬戸ぎわに自分を追いつめたり、追いつめられたりしながら、いつもたのしむことを忘れず、笑うことを知っていた」と言った。そして読み終って、「ああ、こんな男と一パイやれたら!」とも。

このジョーク集も読後、「ああ、こんな男たちと一パイやれたら!」と思わせる。長らく”禁書”扱いされていた1冊。

 shou_mizu_c.jpg (CCCメディアハウス  2000円+税)

カテゴリ:メディア 2015-07-18

来館者のノートから(5-6月編)

開高健記念館を訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

 ◆青年時代の私にとって、開高さんはただ面白い文章を書く作家というだけの人でしたが、壮年から初老になるにつれ、開高さんは私の心の中でますます 重みを増し、ついには心の師匠と呼ぶべき存在になりました。私は現在79歳に手が届きそうな引退町医者ですが、現在の私にとって、開高さんの文章は唯一無 二のかけがいのない文章家です。開高さんの文章の前では、小林秀雄も谷崎潤一郎も、いや森鴎外でさえ、その光の大半を失って了うようです。男は晩節をかん ばしゅうせなアカン。何と凄い言葉じゃありませんか。こんなありふれた言葉に凄味をもたせることができる人など、そう滅多にあるものではありますまい。改 めて、開高の偉大さを偲ぶ。(2015.5   萩原朔太郎の小学校以来の後輩生 M・T)

 ◆13年ぶりに来ました。Kindleで本を読めるようになり、いつも開高さんの本を持ち歩けるようになりうれしく思っております。いつも心の人として私の中にいます。(2015.5 K・H)

◆一昨年の秋に来て以来になります。その時も同じですが、サイゴンへの旅から無事に帰ったので開高さんの家を訪ねたかったのです。今回旅行はフンパツしてマジェスティックに泊まりました。103に泊まることはできませんでしたが、私は力を得て灼熱のサイゴンの街を歩き廻っては夕方に戻ってバーでカクテルをなめておりました。そんな日々を無事に過ごして帰国できたのは開高さんのおかげと思っています。お庭をながめつつ、今ほっとしています。どうやら私もベトナム・サイゴンにとりつかれたようです。またあの地へ行きます。そして無事に帰ってまたおじゃまします。(2015.5.17  東京・武蔵村山 T・T)

 shou_tetugaku.jpg 哲学の小径を降りる

◆ベトナムから来ましたターイと申します。「ベトナム戦記」を読んだきっかけに、ミュージアム に来ました。今回「ベトナム戦記」展が見えて、開高さんとベトナム当時の写真が見えて、感動しました。この展をより●友に知ってもらいたいと思います。(2015.5.17  ベトナム・ホーチミン市 D・K・T)

◆開高健のいない時代しか知らない。そう思って書を追うのみでしたが、今日、ちらっとお会いできた気がします。梅雨のあい間の、さわやかな良い日に。(2015.6.13  Y・●)

◆当方、来月からアメリカ・ニューヨークに勤務します。若いころ、先生が活写されたニューヨーク、アメリカ。漠然とした憧れはありましたが、そこで働く日が来るとは思っていませんでした。アメリカでまた読もうと、先生の作品を持参するつもりです。精神の安定剤、ビタミンとして、味わって読もうと思っています。”オールド”●●のルーキーですが、いろんな経験ができそうで楽しみにしています。遠くから見守って下さい。帰国した折にはまた参上します。では、行って参ります。(2015.6.19  横浜市 S拝)

◆中学生で先生の本と出会い、高校、大学と読みふけり、大学生の時、先生の訃報を知り、年を重ねるごとに文章の奥深さを感じさせていただきました。48歳の今、この4月に単身赴任で初めての関東生活が始まり、やっと記念館を訪れることが出来ました。悠々として急げるよう、日々を送れますように。何とか楽しんでいます。(2015.6.21  大阪府富田林市 N・K)

 (*以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

 

カテゴリ:来館者のノートから 2015-06-14

来館者のノートから(4-5月編)

◆生きて、生きて、行きて、行く       (2014.4  H 67歳)

◆オーパを若い時に読み、途中で止めることが出来なかった。グイグイひかれていって一気に読み切った。現場体験をした人の言葉には迫力がある。高齢 者になっても好奇心を失わず、常に現場体験を! 生きる力になることがよく理解できたひとときだった。(2014.4  A・H 76歳)

◆雲の切れ間からさし込む日ざしを何というか? 「天使のハシゴ」? グッドネーミングは開高先生の「レンブラント光線」、最高です。このネーミングを知ったとき、開高先生の読者でいて良かったと痛感しました。今年も釣りに行きます。(2014.4)

◆先生に恋した中学生の女の子は、今、四十肩で手があがりません。理想の男性は相変わらず先生です。若い頃は先生の恋人になりたかったけど、今は男 性に生まれ変わって、先生の親友になりたいです。初恋が開高健というのは、女としては少々生き辛かったです。先生にもう少し生きていて欲しかったな。 (2014.4)

shou_note.jpg 書き継がれている「来館者のノート」

◆何年前になるのでしょうか、先生のお名前を知ったのは。フィッシングという釣りの本のルアー特集に小さく「奥只見のイワナを守る会」の報告があり、会長に先生がつかれたとの記事でした。その後、中学、高校と先生の本を読みあさり、私が大学生の時に、遠くに釣りに出かけてしまいました。今、家には多数の先生の本がありますが、中学になった息子が盛んに読みだしています。親子2代で初めて来館でき、感ひとしおです。(2015.4 N・H)

◆ 主人は近くに実家がありながら本日初めての訪館です。悔しくも母の49日の法事のため福岡県からやって来ました。妻の私は3度目です。静かな所で風を感じながら、午後の日ざしを満喫しています。ふと、となりに母がいたらと思いながら……。(H&Y・K)

◆青年時代の私にとって、開高さんはただ面白い文章を書く作家というだけの人でしたが、壮年から初老になるにつれ、開高さんは私の心の中でますます重みを増し、ついには心の師匠と呼ぶべき存在になりました。私は現在79歳に手が届きそうな引退町医者ですが、現在の私にとって、開高さんの文章は唯一無二のかけがいのない文章家です。開高さんの文章の前では、小林秀雄も谷崎潤一郎も、いや森鴎外でさえ、その光の大半を失って了うようです。男は晩節をかんばしゅうせなアカン。何と凄い言葉じゃありませんか。こんなありふれた言葉に凄味をもたせることができる人など、そう滅多にあるものではありますまい。改めて、開高の偉大さを偲ぶ。(2015.5   萩原朔太郎の小学校以来の後輩生 M・T)

 ◆13年ぶりに来ました。Kindleで本を読めるようになり、いつも開高さんの本を持ち歩けるようになりうれしく思っております。いつも心の人として私の中にいます。(2015.5 K・H)

 (*以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

 

カテゴリ:来館者のノートから 2015-05-14

来館者のノートから(3-4月編)

開高健記念館を訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

◆あれから約2ヶ月。無事大学に合格し、ここへまたやってきました。もしあの時、ココに行かないで大学を受けていたらダメだったかもしれません。そ れは“危険の中に遊びがあり、遊びの中に危険あり”という開高さんそのものの言葉に支えられたからだと思います。書斎や小道。どこからかふっと開高さんが 出てきそうなオーラを肌で感じました。この感覚を大人になっても忘れたくはありません。……(2014.3  O・K)

◆茅ヶ崎の静かな趣のある居宅は想像どうりでした。これから彼の足跡を追って、すばらしい作品を読んでいきたいと思います。桜が例年より早く咲いた春。遠方より来たかいがありました。(2014.3)

◆ 学生時代の恩師が開高先生の著書をコッソリと愛読していました。奇しくも同じ年に亡くなった恩師を思い出しつつ、輝ける闇を再読しました。(2015.3 千葉 ●・M 55歳)

shou_lure-2.jpg  常見忠特製ルアー(記念館で販売中)

◆生きて、生きて、行きて、行く       (2014.4  半澤 67歳)

◆オーパを若い時に読み、途中で止めることが出来なかった。グイグイひかれていって一気に読み切った。現場体験をした人の言葉には迫力がある。高齢者になっても好奇心を失わず、常に現場体験を! 生きる力になることがよく理解できたひとときだった。(2014.4  A・H 76歳)

◆雲の切れ間からさし込む日ざしを何というか? 「天使のハシゴ」? グッドネーミングは開高先生の「レンブラント光線」、最高です。このネーミングを知ったとき、開高先生の読者でいて良かったと痛感しました。今年も釣りに行きます。(2014.4)

◆先生に恋した中学生の女の子は、今、四十肩で手があがりません。理想の男性は相変わらず先生です。若い頃は先生の恋人になりたかったけど、今は男 性に生まれ変わって、先生の親友になりたいです。初恋が開高健というのは、女としては少々生き辛かったです。先生にもう少し生きていて欲しかったな。(2014.4)

 

 (*以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

 

カテゴリ:来館者のノートから 2015-04-14

来館者のノートから(2-3月編)

開高健記念館を訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

 ◆こんにちは。先日は大変お世話になりました。開高さんの本に最初に出会ったのは1981年に、ある本だなにあったの を偶然手にとったのがきっかけです。「夏の闇」でした。本当にあのときは衝撃的でした。全く違う世界なのにものすごいなつかしさを覚える文章でした。時間 が流れ私の人生もうつりかわり、しかし若い日いつも近くに開高さんの本がありました。かげになり日なたになり、私をささえてくれていた存在だと思っていま す。感謝しています。(2015.1  ハガキ S・S)

◆昨年八月以来の二度目の来館。ここに来る時は必ず何か大きな漠とした不安を抱えているのですが、開高健と湘南の海に触れると一気に解け去ります。あと二月ほどで神戸に帰るので、それ迄に又一度来たいと思います。(2015.1 神戸出身銀座在住  S・H)

shou_mikan.jpg

◆開高さんの作品は高校の頃から随分読みました。今、48歳ですが初めて記念館にお邪魔した次第です。いいお家ですね。 亡くなられてから随分経ちますが、「ちょっと早すぎやしないのか。」と思った当時の心境がありありとよみがえりました。また、久しぶりに「輝ける闇」を (もう20回目位になるでしょうか)読み直してみたいと思います。(2015.1  藤沢市 M・E)

◆私・平野栄久は『開高健~闇をはせる光芒』(オリジン出版センター) を書いた者です。開高さんが晩年を過ごした開高宅が静かで美しいことろなので嬉しかった。私の開高論は開高さんの死後の発表であったが、牧羊子さんには差 し上げておりました。当時は好評をいただいた本です。(2015.2  H・E)

◆長年、開高さんの本を読んできました。一語一語が鋭く、心に響いてきます。私は理系の人間なので、開高さんは正反対に 位置する、輝ける星です。それも、ガイドしてくれる、優しく香しい光を放つ星です。ここに来れて良かったと思います。少し開高さんとお話しできた感じがし ました。ありがとうございました。(2015.2  S・K)

◆雨催いの湘南海岸、世界中を見つめ語った人の顔、とても感覚的にうらやましいやら、惜しいやら、こんな方が日本人の中に何人いるだろう。(2015.2  川崎 A・M 84歳)

 学生時代の恩師が開高先生の著書をコッソリと愛読していました。奇しくも同じ年に亡くなった恩師を思い出しつつ、輝ける闇を再読しました。(2015.3 千葉 ●・M 55歳)

 (*以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

カテゴリ:来館者のノートから 2015-03-14

来館者のノートから(1-2月編)

開高健記念館を訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

 ◆こんにちは。先日は大変お世話になりました。開高さんの本に最初に出会ったのは1981年に、ある本だなにあったの を偶然手にとったのがきっかけです。「夏の闇」でした。本当にあのときは衝撃的でした。全く違う世界なのにものすごいなつかしさを覚える文章でした。時間 が流れ私の人生もうつりかわり、しかし若い日いつも近くに開高さんの本がありました。かげになり日なたになり、私をささえてくれていた存在だと思っていま す。感謝しています。(2015.1  ハガキ S・S)

◆昨年八月以来の二度目の来館。ここに来る時は必ず何か大きな漠とした不安を抱えているのですが、開高健と湘南の海に触れると一気に解け去ります。あと二月ほどで神戸に帰るので、それ迄に又一度来たいと思います。(2015.1 神戸出身銀座在住  S・H)

shou_mikan.jpg

◆開高さんの作品は高校の頃から随分読みました。今、48歳ですが初めて記念館にお邪魔した次第です。いいお家ですね。亡くなられてから随分経ちますが、「ちょっと早すぎやしないのか。」と思った当時の心境がありありとよみがえりました。また、久しぶりに「輝ける闇」を(もう20回目位になるでしょうか)読み直してみたいと思います。(2015.1  藤沢市 M・E)

◆私・平野栄久は『開高健~闇をはせる光芒』(オリジン出版センター) を書いた者です。開高さんが晩年を過ごした開高宅が静かで美しいことろなので嬉しかった。私の開高論は開高さんの死後の発表であったが、牧羊子さんには差し上げておりました。当時は好評をいただいた本です。(2015.2  H・E)

◆長年、開高さんの本を読んできました。一語一語が鋭く、心に響いてきます。私は理系の人間なので、開高さんは正反対に位置する、輝ける星です。それも、ガイドしてくれる、優しく香しい光を放つ星です。ここに来れて良かったと思います。少し開高さんとお話しできた感じがしました。ありがとうございました。(2015.2  S・K)

 (*以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

カテゴリ:来館者のノートから 2015-02-15
« 前ページへ次ページへ »