開高健記念会

来館者のノートから

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

来館者のノートから(2018年2月~2019年1月)

小学校6年生のときに、『もっと遠く!』を読んで以来、開高の作品に触れ、書物全般と関わる人生になりました。今は自分も書き手となり、その意味で、開高が私の人生変えたのかもしれません。(2018.2.4 N・S)

花を見て想う。/頭(こうべ)を垂れて祈る。/静かな暮らし。(2018.2.17 S・T)

今日で3回目です。しばらく釣りをしていませんでしたが、ここに来て、また釣りをしたいなと思いました。この前来たときはまだ独身でしたが、結婚したので、また主人と一緒に釣りを始めます。(2018.3.2 A.・F)

開高健のバイタリティ、エネルギーをここへ来て感じました。明日からKenイズムを人生にとり入れて、人生をエンジョイします。感謝!(2018.3.18 TAKAKO)

27日に61歳の誕生日を迎えた。西洋美術館の常設館に行き、学生時代に自分が眺めた絵画や彫刻と対面した。大学生のときに向き合った開高健の作品……。そうか、あなたは58歳で逝ったのだ……。あなたの歳を超えたいま、家に帰ったらまた読んでみよう。(2018.3.30 S・K)

いつもより早く咲いた桜の中を、妻と二人で久しぶりに来館しました。若いころ、小生、椎名誠さんと同じ会社で働いていました。椎名さんはビールが大好きでした。そして開高さんは、ウィスキーをこよなくこよなく……。妻がウィスキーのハイボールを好みます。ストレスの多いアルバイト生活の中で、今日のような「ひととき」は、めったにありません。ありがとうございました。(2018.3.31 S・N)

今日、神奈川新聞に「ラチエン通り」の記事が載り、開高健記念館を思いだして、茅ヶ崎駅から歩いてきました。2年ほど前に、佐治敬三さんと開高健さんとの交流を書いた『最強のふたり』で人物像を詳しく知った次第。この本を書いた作家の北康利さんは知人です。(2018.4.29 横浜市 S) 

親しい友人夫婦に連れてきていただきました。宮崎に住んでいますが、上京するたびに、大好きな鎌倉・江の島には必ず行きます。今日も鎌倉から茅ヶ崎へ来て、開高健、国木田独歩を改めて知りました。大変良い心もちになれました。親友夫婦に感謝!(2018.5.12 宮崎市 H・H Y・H)

学校の授業で開高健さんの本を読み、難しかったのですが、とても面白かったです! 他の作品も読んでみようと思います。今日は来られてよかったです。(2018.5.26)

主人が以前から来たいと思っていた開高さんの記念館に、家族3人で来られてよかったです。素敵なお庭をゆっくり眺めて、いい時間を過ごせました。(2018.5.26 南林間より)

一年に一度、開高健に会いたくなって来ます。ありがとう。(2018.6.2 K・K)

初めて伺いました。自分も間もなく50台の大台へと進みますが、中学生の頃、開高先生の本に出会い、年を経るごとに、受けるイメージや心に響く言葉が次々と移ろい、もしや死ぬまで先生の言葉をすべて受け取ることは難しいのでは、とまで思わされます。次に伺った時の自分に引っかかるのはどんな言葉か。楽しみです!(2018.6.10 竜ケ崎 T)

来月ベトナムへ行くので、高校生の頃に読んだ小説を思い出して、買いに来ました。さて、どうなることやら……。(2018.6.17 湘南 F・W)

開高健の『ずばり東京』を読んで、この記念館の所在を知りました。60年代、私の青春と重なります。(横浜 M・N)

学生の頃に初めて読んでから、文庫本を次から次へと読んでいたのが、40年前。その頃の感動が薄れている今、ここに来て、別の意味での感動に代わっていることに気づかされます。

奥の深さを改めて教えてもらえた気がします。60歳を過ぎて、開高健の没年を越しましたが、これからも新鮮な考えと感受性を忘れずにいたいと思います。ありがとうございました。(2018.6.23)

1982、3年頃、故郷・仙台のデパートで「オーパ!」展という催事があり、開高さんを拝見しました。公開インタビューとサイン会があり、同行した弟が『オーパ!』の文庫本にサインをいただきました。私も何か持参していたらと、いまも思います。(横浜市 K・S)

来週の土曜日に、八丁堀・早稲田エクステンションセンターで、開高健さんの短篇「掌の中の海」の合評会があり、その事前資料にと、足を運んできました。このような家に暮らしていたんですね。また来ます。今日は、妻と愛犬の内蔵助(6歳)と来ました。(2018.7.14 K・M M・M)

まだ開高健初心者ですが、原稿やゆかりの品々を見て、もっともっと作品を読みたい気

持ちが強まりました。なぜこれほど素晴らしい文章が書けるのか。奇跡のような作家です。来てよかったです。(2018.7.16 東京 Y・I)

数年ぶりにここに来ました。茅ヶ崎はだいぶ変わりましたが、この場所は、以前の場所です。私も30歳。開高さんの小説のすごさが、ようやくわかってきました。(2018.7.22 S・K)

初めて伺いました。開高さんのバイタリティ、そして小説がとても好きです。海のないところの育ちなので、浜風に当るのがとても新鮮でした。茅ヶ崎、いいところですね! またいつか、開高さんの作品をもっと味わってから来たいと思います。(2018.7.29 D)

今年も再訪できました。当時の面影をしのぶことができる展示品がたくさんあるので、一つ一つに思いを馳せていると、あっという間に時が流れます。見るタイミングによって感じることも違うので、毎回新たな発見があります。また来たいと思います。(2018.8.25 H)

今日初めて伺いました。私自身は、開高さんについての知識はないのですが、父がファンだと言っていた記憶があります。文筆を正業とする方々の書斎は、独特のセンスで飾られていて、とても素敵でした。また来たいと思います。ありがとうございました。(2018.8.31 S)

やっと来ることができました。予定していた時間では全く足りず心残りなので、改めてゆっくり参ります。それまでに、また作品を読み返して、自分がどう生きるべきか、見つけられればいいなぁ。次回楽しみです。(2018.9.9 Y)

1年半ぶりです。エッセイが好きでよく読んでいます。開高さん、ありがとう。また来ますね。(18.9.9 東京 T・K)

還暦を迎え、少々自分の時間ができたので、好きな本を好きな時に読み、開高さんの選びぬかれた一言半句を楽しんでいます。『ベトナム戦記』『ロマネ・コンティ・一九三五年』『地球はグラスのふちを回る』『日本三文オペラ』『流亡記』『輝ける闇』『夏の闇』『フッィシュ・オン』『オーパ!』『オーパ、オーパ‼』 そうです。やっぱり全て開高さんの本です。そしてまた、開高健記念館に来ています。明日は、開高健記念文庫で開高さんの魅力に触れる予定です。(2018.9.15 香川県 H・A)

釧路から来館。若い時は東京、その他に住む。他のことに夢中で、開高健を知ることなく過ぎていきました。30歳のとき、釧路で出会い、本を読み始めました。同時代にいて、お会いしていればお話できたかもしれませんね。悠々と急ぎます。(2018.9.24 釧路市 K)

今回は2回目の訪問です。卒論のテーマとして、開高さんについて学んでいます。『ベトナム戦記』『輝ける闇』『夏の闇』などのベトナム物は、やはり研究のうえで中心となってくるものだと思います。また、『日本三文オペラ』『流亡記』などもいいですね。また来たいと思います。(2018.10.14 東京都 I)

1年ぶりに来ました! 私も先生に質問したかったです。『風に訊け』は大好きな本です。(2018.12.1 K・O)

開高健の本、初めて読んだけど、おもしろい! 特に『風に訊け』は!(2018.12.2 H・M)

1989年の輝ける光りであった未来は、2019年に輝ける闇となった!(2019.1.11 J・A)

やっと来られました。開高先生、ありがとうございました。昨日51歳の誕生日を迎え、夫のはからいで、文学を辿る旅をしています。開高先生! 尊敬できる大人に出会えてうれしい。右脳が活性化します。(2019.1.13 H・H)

家が大きすぎる‼ 釣った魚が大きくておいしそう‼(2019.1.14 M・O 4年生)

先程、円覚寺のお墓にも伺いました。この記念館は初めての訪問です。改めて先生の素晴らしさを確認できました。(2019.1.14 Y・O)

カテゴリ:来館者のノートから 2019-02-05