開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

「若き日の開高健」を特集した「文學界」(2012年2月号)が発売されました

「向井敏への手紙」「谷沢永一への手紙」といった若き日の友人たちへの手紙、新発見小説『食卓と寝台』(未完)、いずれも20歳代の開高健の文章を掲載。「文學界」(2012年2月号、文藝春秋)。

向井敏宛てのものは昭和24年~28年、27通。谷沢永一宛てのものは昭和32年~34年、14通。山野博史・関西大学教授による注と注解付き。

23歳のときの自伝的未完小説『食卓と寝台』(第二章)は坂本忠雄・前開高健記念会会長による解説付き。

小説『食卓と寝台』の発見は、2012年1月5日の讀賣、朝日、産経など全国紙でいっせいに報じられました。その直筆原稿は、現在「開高健記念館」で行われている企画展示「作家志望青年・開高健の情熱の日々」でご覧になれます。

カテゴリ:メディア 2012-01-07