開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

このところのマスコミ、開高健情報──「週刊現代」「毎日新聞」「日本経済新聞」

 夏にかけて、開高健のついての記事、情報が相ついでいます。

●「週刊現代」九月八日号が「熱討スタジアム 第28回」として、座談会「開高健の『オーパ!』を語ろう」を掲載(P156~159)。参加者は菊池治男氏(担当編集者)、谷口博之氏(料理人)、滝田誠一郎氏(ノンフィクション作家)。

〈冒険の舞台はアマゾン、アラスカ、モンゴル/獲物を待って樹の上で6時間/100人前の刺身を振る舞う/語るように書く人〉(週刊現代記事リードより)

●「毎日新聞」2012年8月16日(木)夕刊の「特集ワイド 夏がくれば思い出す」で、「ヤマトは一人だと不安でしょうがないらしい 劣等感をバネに飛べ」として開高健を取り上げた。藤原章生記者。

〈作家、開高健さんの1971年の小説に『夏の闇』がある。夏のドイツ、フランスを舞台に、ベトナムの戦場取材で心の壊れかけた日本人作家と……〉(毎日新聞 特集ワイド冒頭)

●「日本経済新聞」2012年6月 23日(土)朝刊文化欄で、「色あせぬ開高健 未発表稿展示/思い出しのぶ新刊」との記事を掲載。中野稔記者。

〈純文学やノンフィクション、エッセーなど広い分野で活躍した作家、開高健が再び注目されている。……〉(日経新聞リードより)

opatenboushi.jpg

企画展示「開高健 オーパ!」展より

カテゴリ:メディア 2012-08-31