開高健記念会

来館者のノートから

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

記念館の「1月」(2004-2013)

開高健記念館は2013年4月で開館 10周年を迎えます。開館以来、訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月の言葉をふりかえります。今回は、「1月」新編。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

2004.1

◆開高健さんにひかれるのは、私が文学部出身であり、こよなく釣りを愛しているだけではないでしょう。そこには人生に対する考え方、とくにそのパラドックス(自己の中にある)に共感を持っているからです。転職について迷っているこの折、ここを訪れたのもヒントを得るためでした。「河は眠らない」のビデオの中で、「何かを得るには何かを失う。そのバランスシート(損得)は誰にも分からない」という意味の事を言われているのは、今の私にとりとても示唆的でした。最後にこの記念館を無料で開放して頂いている事についてお礼を申し上げます。(千葉 K・M)

◆出張で茅ヶ崎へ。湘南海岸散歩のつもりでラチエン通りを歩いていたら頭上に、作家開高健の愛した道とあり、ひょっとしたらと思い、期待したところこの記念館へ。ありがとうございました。(九州のファンより)

suisen.jpg 越前から届いたスイセン

◆開高さんは食欲があって、アルゼンチンでは牛をまるごと焼いてナイフで切って食べるぐらいすごい。今日はいろいろな事がわかってよかったです。(中1 O・Y)

◆茅ヶ崎フィールドワークとして、19名の生徒をつれてきました。好天に恵まれ、ていねいな説明をきくことができ、よかったと思います。北魚沼郡出身の私にとって、開高氏と私の故郷が関係深いことを知りました。ベトナム戦争を書いた頃の開高氏と50代以降の開高氏は違った印象です。ベトナム戦争が氏に与えた影響の大きさを思います。……(S・C)

2005.1

◆福井より、はるばるやって来ました。開高さんの本との出会いは20数年前。20代前半はむさぼるように読みました。また、釣り紀行のTV番組も楽しく見させてもらいました。本当に素晴らしい作家であり、人間だと思います。ここに来て再認識させられました。今も開高さんは私の心の中に生きています。これからもずっと生き続けます。……(T・H)

◆約1年ぶりに再訪しました。やはり人生に迷った時に来ています。この1年だけでも何度も悩むことがありました。いつもは快活な様子で生活していますが、一方でこの先どういった人生を歩むかをいつも考えています。悩みながらも何年も進んできましたが、今37歳になり自分はどの様な人間かを規定してシンプルに生きたい。そのヒントを得るために、大学の、そして釣りの先輩である開高さんを訪問しました。また、報告に参上します。(M・K)

2006.1

◆開高さん大好きの人ときました。作品やコメントや、写真がじっくりと鑑賞できて、まんぞくしました。

◆29歳、小学生の頃「オーパ!」を見て、凄いしょうげきをうけていらい、開高健信者の一人となりました。小生、色々と回り道をしながらここまで来て、きちんと一人前になってからこの記念館に来ようと思っていましたが、本年の1月16日に第一子(男)が誕生、初めてこちらに伺いました。20年以上経った今でもたくさんの人がここを訪れるようで、あらためて人気のある人だったのだなあと、感無量です……。

2007.1

◆素晴らしい時間が停止したまま、生きていました。(K)

2008.1

◆ここを訪れたのは二度目です。来年から新聞記者として新たな人生をスタートさせます。「ずばり東京」を読んで、現場を訪れることの大切さ、ルポのおもしろさを知りました。開高さんは、僕にとってジャーナリストを目指したきっかけです。同じ湘南人として、少しでも開高さんの背中に追いつけるように頑張りたいです。(S・R)

2009.1

◆今回で4回目の訪問になります。大阪から鈍行に乗ってちがさきまでトコトコやってくるんですけれど、4回目ともなると、それにもずいぶんと慣れてきました。ふと思うんですけれど、どうしてぼくは、鈍行で8時間も9時間もかけて開高さんのお宅におじゃましているのでしょうね。おそらくぼくにとって開高さんは、それほどに思いいれの強い人になっているのでしょうね。一緒にお酒をのむことができなくて残念です。またこれからも開高さんのお宅におじゃますることがあると思いますけれど、どうかやさしくむかえいれてくださいね。(A・T)

◆ウォーキングの途中にお寄りしました。こんどはゆっくりと拝見したいです。そして、これを機会に開高さんの本をたくさん読んでみます。2月にベトナムに行きます。その前に本を読みます(ベトナム戦記)。(E)

2010.1

◆昨年暮に来て閉館ギリギリ、今日1月24日やっと入館、感動しています。一度来たいと思い、家族三人、人となりを良く知り、考え、楽しい一生を送った方と知り、思いっきり生きなくちゃと思います。(鎌倉 Y)

2011.1

◆在りし日の先生とお嬢さんの笑顔を思い出すます。特にお嬢さんは毎朝小生が新聞を配達に来ると、早朝にもかかわらずニッコリと笑顔を向けて受け取ってくれた姿が今でも思い出されます。(H)

2012.1

◆“ヘミングウェイ”に似ているなあー、とふと思いました。この開高さん。でも、ベトナムへ行ってから、大きく変わったのでしょうか。僕の手の届かない世界に、飛んで行ってしまった人かも──。「裸の王様」をよみたいと思います。(Y・I)

◆2月から3年ホーチミンへ行きます。
帰ったらまた来ます。

◆開高さんの人となりを少しでも感じ取ろうと上尾市から来ました。ゆっくり見て行こうと思います。

2013.1

◆やっと来れた。良かった。黙って帰ります。(T)

◆「『危機』とは、自分の内から生じる」ということばが心にしみました。外部からのものには比較的対応できるが、自分の中からのどうしようもない思いが時としてその人をどうしようもない世界へ連れていってしまうということでしょうか。おそろしいです。

◆ドアを開けた瞬間感じる開高さんの力。不思議と心が落ちつき、心に底知れぬ力が沸いてきた。なぜこんなに近くに住んでたのに今まで来なかったのかと思わず一人事を言ってました。ひとまず、今日この瞬間に来たのは、“今”ここに来る必要があったからだと確信しました。このノートを始めて読み、始めから読んでみると……。岩手、大阪、福岡から来ている人がいるではありませんか。茅ヶ崎に住んでいる僕は幸せなんだと感じることができました。ありがとうございました。(18歳 K)

カテゴリ:来館者のノートから 2013-02-06