開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

1月13日、トークショー「開高健を語ろう」(出演 重松清・角田光代 共催 NPO法人開高健記念会・紀伊国屋書店)が開催されました

50回紀伊國屋サザンセミナー

没後20年・「夏の闇」直筆原稿・完全再現版・刊行記念

開高健を語ろう

―小説家の植えた〈リンゴの木〉

出演:重松清 角田光代

日時】2009年1月13(火)

【会場】紀伊國屋サザンシアター

【共催】NPO法人開高健記念会・紀伊國屋書店

【協力】朝日新聞出版 光文社 サントリー 集英社 新潮社 筑摩書房 文藝春秋(50音順)

【開高健 プロフィール】

(かいこうたけし)1930年大阪生まれ。大阪市立大学卒業。壽屋(現・サントリー)宣伝部時代の58年「裸の王様」で芥川賞。「日本三文オペラ」「流亡記」「輝ける闇」「夏の闇」「ロマネ・コンティ・一九三五年」などで現代日本文学に輝かしい業績を築く一方、行動する作家として「ずばり東京」「ベトナム戦記」「フィッシュ・オン!」「オーパ!」などノンフィクション作品でも傑作を遺した。68年毎日出版文化賞、79年川端康成賞、81年菊池寛賞などを受賞。198958歳で逝去。

【講演者 プロフィール】

重松清(しげまつきよし 作家)

1963年岡山県生まれ。小説家、ライター。早稲田大学卒業。91年「ビフォア・ラン」で作家デビュー。2001年「ビタミンF」で直木賞受賞。近作に小説「とんび」、ノンフィクション作品「加油(ジャアヨウ)…! 五輪の街から」がある。2007NHKテレビ「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝」で4回にわたって「開高健編」をレポート。開高健ノンフィクション賞選考委員。

角田光代(かくたみつよ 作家)

1967年神奈川県生まれ。作家。早稲田大学卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞後、2005年「対岸の彼女」で直木賞、06年「ロック母」で川端康成賞、07年「八日目の蝉」で中央公論文芸賞など数々の受賞歴がある。エッセイ集に「何も持たず存在するということ」、小説の近作に「三月の招待状」がある。開高文学の熱烈なファンとして知られ、書評、解説など多数。

【作品朗読】野崎美子(のざきよしこ 女優・舞台演出家)

カテゴリ:イベント 2008-12-26