開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

12月9日(火)「開高健とボージョレ・ヌーヴォーの会」が開かれました

例年の通り、親しい方々にお集まりいただき、ボージョレ・ヌーヴォーを飲みながら2008年の一夜、開高健を語り合いました(日比谷・日本プレスセンタービル内「アラスカ」にて)。

会に先立ち、作家が愛した紅茶に名前を取って、開高さんにまつわるお話をしていただく「紅茶会」、今年は作家のC・W・ニコルさんに講師をお願いしました。

パー ティ冒頭には、記念会の坂本忠雄会長の挨拶と会の活動報告、 羅臼から来てくださっている阿部満晴さんによる乾杯(献杯)のあと、「最後の冒険者」で第6回開高健ノンフィクション賞(主催:集英社)受賞者である石川直樹さんへ、記念会より、作家愛用のモンブ ラン 万年筆(開高健のサインロゴ入り)が贈呈されました。

ご出席の方々には、できたばかりの紅茶会講演集「ごぞんじ開高健 Ⅳ」がおみやげに配布されました。今年は当日記念会より頒布が開始された、開高健直筆再現版「夏の闇」(原稿用紙のまま再現した408枚・函入り)の披露、来る2009年1月13日(火)に新宿南口「紀伊国屋サザンシアター」で開催予定のトークショウ「開高健を語ろう」(出演 重松清・角田光代 共催 NPO法人開高健記念会・紀伊国屋書店)のお知らせなどもあり、遠くはアラスカ、北海道、石川、新潟から、延べ100名ほどの方々が2時間あまりを歓談されました。

カテゴリ:イベント 2008-12-16