開高健記念会

来館者のノートから

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

来館者のノートから(7-8月編)

開高健記念館はことし開館 12年目に入りました。訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

◆貴方の本を初めて読んだのは何年前でしょうか。“フィッシュ・オン”こんな本があるのかといっきに読みました。それから貴方の本を求めて、私の貴方への旅は今も続いています。今日ここに来て、貴方と一緒にいるような気がします。(2014.7 F・A)

◆開高さんが平成元年になくなられた。私は平成元年に結婚して26年。記念館でアーカイブスの映像を見て51歳の開高さんを見る。実に私自身が51歳で思いが重なる。今、生きていてほしい一番の方!どんな言葉をこの時代にあてはめるだろう。悠々として急げ! この言葉通りに生きているか、いつも心に問うています。(2014.7 名古屋市 H・S)

◆20年前にかじり読んだノンフィクションの傑作「ずばり東京」企画展。何だかとても良かった。山口瞳さんとのコラボ企画展など、サントリー宣伝部時代のものなど見てみたいものです。カイコーケン宅にまた来たい。(2014.8 S・K)

shou_shitosakebu.jpg

◆開高大兄 サン・ミッシェル界隈であなたとパスティスを酌み交わしたかった。(2014.8 Y・M)

◆1年ぶり2度目の来訪です。9月5日発売予定の集英社『kotoba 秋号』は開高健特集ということで非常に楽しみです。それにあわせて開高健フェアをやってみようと思います。私が書店員になったのは開高健フェアをやるためといっても過言ではありません。夢がかないそうです。(2014.8 東京都 I・T)

◆恥ずかしながら、「誕生日が12月30日で同じ」、「旅や食べ物のエッセイが面白そうだ」という理由だけでほんの数年前からエッセイやルポを中心に読ませて頂きました。食べ物もさることながら、やはりベトナムにおける戦場ルポ、それを基にした『輝ける闇』がとても印象に残っています。6月に出張でホーチミンに初めて行きましたが、泊まられていたマジェスティック・ホテルにも行き、階上のバーで同僚と酒を飲みました。今回来て良かったです。ゆっくりと見せていただきます。(2014.8 S・S)

◆この屋根の下で、透明な壁の向こうの書斎で、あの開高健が存在して居たとは俄かには信じられません。僕の中での開高健が大きすぎるがゆえ、そう感じられるんだと思います。しかし、確実に開高健はこの空間に存在し続けて居り、その存在が僕に何かを感じさせました。開高健の軌跡は今も続いています。その軌跡をたどり、そこから自分の道を進むのが今の自分が夢見る生き方です。(2014.8 神戸市出身銀座在住 O・K)

(*2013年以前の「来館者のノートから」は記念会トップページ「来館者のメッセージ」でご覧いただけます)

カテゴリ:来館者のノートから 2014-08-25