開高健記念会

来館者のノートから

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

来館者のノートから(9-10月編)

開高健記念館はことし開館 12年目に入りました。訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月々の言葉をふりかえります。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

*  *

◆1960年代のベトナム戦記あたりから開高健という活字がメモリーされました。戦後高度経済成長とダブリます。それからズーッと忘れていたのですが、テレビ画面で再会しました。ひろい読みをして開高健のエッセンスを味わう。アウトドアの生活はつりやキャンプ、海水浴など、この40年くらい無縁です。最近ドストエフスキーをかじりまして、開高健との共通項を思いますと、ドストエフスキーも開高健も九死に一生を得ている。ドストエフスキー59歳没。開高健58歳没。ドストエフスキー、ルーレットで何回も大敗してやっとギャンブルと縁を切る。開高健、終生オーパ! 何かを書くのは難しいです。(2014.8 愛知県 M)

◆”失われた20年”と呼ばれる時代を私たちは駆け足ですごしてきました。最近になって、ひょっとしたらこれは私たちの戦争体験ではないかという思 いが私の中で大きく育っています。大兄が生きていらっしゃったら笑うでしょうか。笑って、何と言って背中を押してくれますか。(2014.9 K・A)

mikan_shou.jpg

◆釣りに加えて、本を知ったことで、一生幸せに暮らせます。(2014.9 I・M)

◆たぶん 自分の中の危機に 気が付いたのでしょう 10年振りに再訪しました。ビデオの 開高さんを拝見して 正面から自分の中の危機に 向かってみようと 思いました。とりあえず 帰ったら 船に乗って釣りに行きます。(2014.9 B・Y)

◆「人間らしく やりたいナ……」 まだ、わかりません。開高さん また、来ます。(2014.9 K)

◆1年前に来館して以来2度目です。開高健に出会って人生が変わったと思います。OPA!にあこがれて昨年アマゾン川を下りました。またおじゃまします。(2014.10 A・A)

◆父の誕生日に来ました。ここにくると、なぜだかさみしくなります。先生、女がパイプを吸うのってどう思いますか? 先生のお気に入りの葉っぱの香り好きです。あと、もう一歩。もう一歩。(2014.10 A・M)

カテゴリ:来館者のノートから 2014-10-19