開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

池澤夏樹個人編集 日本文学全集 21『開高健 日野啓三』刊行

ひとりの作家の文学観によって編まれた日本文学全集。開高健は日野啓三とバインドされて1冊となり、作品としては『輝ける闇』と『人とこの世界』からの1篇「地図のない旅人 田村隆一」が選ばれている。

「世界の向う側と人間の闇を探った二人の作家。ベトナム戦争から始まる対照的な作品世界」(おびコピー)

編者による巻末解説で池澤夏樹氏は『輝ける闇』を「初めて明言しておくが、これは傑作である。彼の生涯で最高の傑作。」としている。ふたりの作家における女と救済についての問いかけも興味深い。

shou_ike.jpg  河出書房新社刊 定価3100円+税

カテゴリ:メディア 2015-10-04