開高健記念会

「ごぞんじ開高健」より

それぞれの開高健を語る「紅茶会」講演。その内容などを収録した資料集「ごぞんじ開高健」から連載でお届けします。

再開!連載 「ごぞんじ開高健」より 第3回 常見 忠 〈大物釣り師は世界をめざす〉

語り手◆常見  忠(開高健友人、日本のルアーフィッシングの草分け 1930-2011)

●ひと味もふた味も違う

いまルアーフィッシングとフライフィッシングが日本でも流行っていますが、この二つに関してはいわゆるその魚が持っている──なんというか触覚とか臭覚とか味覚とか含め魚の五感では感知できないものを持っているらしくて、その違いを探知することができるらしいのですが、そのへんをかいくぐって釣ることに意味があり、そこがまたおもしろいわけですよ。そうやって味も匂いもしないものに食いつかせるところに醍醐味があるというか、まあ私がやってるから言うわけじゃないんですけど、やはり生き餌で釣るのとではひと味もふた味も違うんです。開高さんもよく言っていました。魚が好きな餌を選んで釣るなら釣れるのが当たり前だと。

釣り方と種類にこだわる日本人

もちろん渓流のヤマメやイワナ、あるいは鮎やヘラブナなどの餌釣りにだっていろんな釣り方があるし、奥の深いところもありますよ。それから海なら磯釣りもあるし船釣りもある。そういうものをすべて含めて、これは日本人の血というのか、私がつくづく思うのは日本人の場合、なんかすごく釣り方にこだわること。と同時に魚の種類にもこだわるんです。これはちょっと世界でも特異な現象じゃないでしょうか。

例えば自分の好きな魚に異常なほど入れ込んで、どんどん専門的な釣りをするようになっていっちゃう。一つの魚にこだわりだすともう他の魚に目がいかなくなって、鮎の友釣りをやりだすと友釣りしかやらない。ヘラブナをやる人はヘラブナしかやらないとか、磯釣りで石鯛しか釣らないとか、もうこれは日本人の民族性じゃないかと私は思うんです。

マスターアングラーは世界へ出ていかざるを得ない

もちろん開高さんも私も釣り方にも魚にもそれなりにこだわっていますけど、ルアーとフライフィッシングには常に世界中に棲んでいる魚を釣ろうとする姿勢がある。そういう意味では日本という小さな国のなかだけで、こぢんまりとやる鮎の友釣りとも、渓流のヤマメ釣りともちょっと違うものだと思うんです。開高さんの場合、釣り方や魚にこだわっていながら、それでも多くの種類の魚を実際釣ってきましたからね。開高さんが最もこだわったのは大物釣りで、マスターアングラーというのか大物釣り師というか、とにかく大物しか念頭にない。これはもう徹底してましたし、だから世界中に出ていかざるを得なかったとも言えるわけです。

(『ごぞんじ開高健 開高健記念会〈紅茶会〉講演集Ⅰ』  常見忠 「釣り師・開高健さんとわたし」より)

 

カテゴリ:「ごぞんじ開高健」より 2016-08-27

「ごぞんじ開高健」は開高健記念会の会誌です。 みなさまの「開高健体験」の文章を募集しております。 読書体験、わたしの開高健論、思い出の開高健、TVや雑誌で見た・読んだ・聞いた体験、……みなさまの中の「それぞれの開高健」をお寄せください。

メール:info@kaiko.jp
FAX:03-6915-0721
郵送先:〒167-0021東京都杉並区井草4-8-14
開高健記念会「ごぞんじ開高健」編集部