開高健記念会

「ごぞんじ開高健」より

それぞれの開高健を語る「紅茶会」講演。その内容などを収録した資料集「ごぞんじ開高健」から連載でお届けします。

連載「ごぞんじ開高健」より 第4回 鯉渕信一 〈全身をぶつけて入り込んでいく〉

語り手鯉渕信一(開高健晩年のモンゴル取材に参加 元亜細亜大学学長 1945-)◆

●草原のジョーク合戦

第一回目の旅(注:1986年、後のTV番組「開高健のモンゴル大紀行」の取材)は三週間ほどでしたが、私がほとほと感心したのは、開高さんの人心掌握術とでもいえる同行スタッフたちに対する見事な心配りでした。お目付役を含むモンゴル側のスタッフはもちろんのこと、日本側のスタッフにも気配りし、緊張感を徐々に解きほぐし、全員が一つのチームなのだという意識を作り上げていく様は心憎いばかりでした。モンゴル側からは二人のお目付け役のほかにもバスやジープの運転手、燃料を準備(燃料にする家畜の糞集め、薪割りなど)する者などいろいろな手伝い要員を提供してもらいましたが、開高さんはそういう下働きの人たちのなかにも分け隔てなく入り込んでいく。その入り込み方、気配りというのが、何か全身をぶつけて入り込んでいくという印象でした。

ユーモアをまじえながら、自分から接点を求めて入り込んでいく、自分の周囲に壁を作らない、自ら大事なものをさらけ出していくという感じですね。最初は通訳といったって釣りだし、相手は魚なんだからさほど(自分に)用事はあるまいとタカをくくっていた。だから気安く(取材への同行を)承諾したのですが、これがとんでもない大外れ。開高さんはモンゴル人スタッフにしょっちゅうジョークを飛ばすわけですよ。するとモンゴル人もジョークが好きなもんだから、ジョークを返してくる。ジョークのやりとりが間断なしに続くもんだから、ああ、これはとんでもない通訳を引き受けてしまったなと後悔しましたよ(笑)。日本側とモンゴル側が対立する緊張した場面が何度もありましたが、開高さんのこうした気配りがいつも緊張を和らげ、問題の複雑化を食い止めてくれたという感じでした。

●「ああ、偽物はいかん、わしはもうやめた」

当時のモンゴルは厳格な社会主義体制下にあったので、何でもその枠内の価値観で物事を判断し、それを形式的に押しつけてくる。例えば遊牧民はゲルという移動式住居に住んでいますが、その中に開高さんに入ってもらって撮影したいと申し入れると、内部をきれいにしつらえ直してようやく招じ入れようとする。……日本側は遊牧民の普段の生活が決して文化程度の低い、貧しいものとは考えていない。むしろその簡素さの中に大切なものがあるという観点で映像化しようとするわけですが、モンゴル側はそうは考えず、民族の恥部を撮ろうとしているとみるのです。すると開高さんが「ああ、わしはやめた」と言って内へ入ろうとしない。つまり、開高さんは「偽物はいかん」と言うわけです。そこでモンゴル側といろいろやりとりをするのですが、開高さんがご自分の考えを正直にぶつけるものですから、最初、モンゴル側は強烈に反発しました。しかし人間関係が深まり、信頼関係が築かれるにしたがってモンゴル側も本物というのはそれほど大事なのか、物がないことは恥部ではないのだ、テレビのドキュメンタリー番組を作るというのはこういうことなのかと、徐々に分ってきたようでした。

(『ごぞんじ開高健 開高健記念会〈紅茶会〉講演集Ⅰ』鯉渕信一「モンゴルでの開高健」より)

カテゴリ:「ごぞんじ開高健」より 2016-10-03

「ごぞんじ開高健」は開高健記念会の会誌です。 みなさまの「開高健体験」の文章を募集しております。 読書体験、わたしの開高健論、思い出の開高健、TVや雑誌で見た・読んだ・聞いた体験、……みなさまの中の「それぞれの開高健」をお寄せください。

メール:info@kaiko.jp
FAX:03-6915-0721
郵送先:〒167-0021東京都杉並区井草4-8-14
開高健記念会「ごぞんじ開高健」編集部