開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

9月27日開高健作品朗読会が行われました。作品は「戦場の博物誌」から

2009年9月27日(日)、開高健作品の朗読会が開催されました。今回は、短編集『戦場の博物誌』から「洗面器の唄」。表題作はハゲワシ、ヤモリ、ライギョといった生き物たちの記憶をたどりながら、アマゾン、ビアフラ、テル・アビブ、ベトナムなど、小説家が経験した「戦場」への思いを横断的に綴った、昭和五十四年の作品ですが、このころ、開高健は「玉、砕ける」「貝塚をつくる」「洗面器の唄」など、のちに『歩く影たち』(川端康成賞)にともに収録される好短編を立て続けに書いています。

場所はいつものように茅ヶ崎市の開高健記念館。

2009年9月27日(日)午後2時~

朗読:野崎美子(舞台芸術学院、青年座付属養成所、モスクワ芸術座付属演劇学校マスタークラス卒業。女優、舞台演出家として活動)

カテゴリ:朗読会 2009-09-23