開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

「開高健・城山三郎二人展―茅ヶ崎を愛した二人の足跡を辿って」開催中です。

【期間】2017年4月15日~9月30日(土)

今回、茅ヶ崎市開高健記念館と茅ヶ崎ゆかりの人物館は、ひとつの企画を両館で構成する形をとりました。開高健記念館では開高健を、ゆかりの人物館では城山三郎を紹介します。

 

芥川賞作家の開高健、直木賞作家の城山三郎。文学界を代表する二人の作家は、ともに茅ヶ崎に移住し、その生涯を終えるまで、この地を制作と生活の拠点としました。本企画展は、茅ヶ崎が誇る同時代を生きた二大作家について、改めてその偉大な作品世界を紹介します。また、作家としての側面だけでなく、一人の人間としての実像にも触れていきます。

 

二人が愛した湘南のゆったりとした空気の中で、海に臨むラチエン通りの小高い丘に立地する二館と植栽豊かな庭をお楽しみください。

 

開館日=金・土・日・祝日(臨時休館あり)

開館時間=10時~18時(4月~10月)*入館は17時30分まで

場所=茅ヶ崎市開高健記念館 電話:0467-87-0567

茅ヶ崎ゆかりの人物館 電話:0467-81-5015

 

★講演会「開高健―生きた、書いた、ぶつかった!」

日時:4月29日(土)13:30~15:00

講師:小玉 武(ノンフィクション作家)

場所:茅ヶ崎ゆかりの人物館(多目的館)

申し込み:電話で茅ヶ崎市役所文化生涯学習課へ。電話:0467-82-1111

カテゴリ:イベント ニュース 2017-04-21