開高健記念会

来館者のノートから

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

来館者のノートから(2017年9月~12月)

四回目の来館です。(2017.9.3 O)

 

初来訪。「輝ける闇」「オーパ!」等、愛読しました。釣りとタバコと酒と美食。好きだったんだなぁー‼(2017.9.8 E・O)

 

近く(大磯)にすんでいるのになかなか来られませんでした。念願がかないやっと訪問することができました。すごくよかったです。話されている言葉も一言一言、含蓄のある言葉で、若くして亡くなられたのに、ものすごく老成した感じがいたしました。お友達を連れて、もう一度来たいと思います。(2017.9.15 A・Y)

 

念願かなってやっと訪れました。私の友人(故人 昭和8年生まれ)が大阪で壽屋に勤めていた頃、よく開高さんのお話をしていたことを思い出しました。その後、作家に転じられ、数々の名作を残されたこと、もう少し長生きして世の移り変わりを書いてもらいたかったことなど、開高さんへの思いを亡き友人に捧げた今日の一日でした。(2017.9.24 N・N)

 

茅ヶ崎界隈を訪ねる!!ということで、憧れの開高健記念館に来ました。豪快な生き方で、楽しいドキュメントも含めた書き物には、感心して読みました。ありがとう。(2017.9.29 K・H)

 

すばらしい雰囲気。ありがとうございます。(2017.9.20 東京・中野 M・Y)

 

私も釣りが大好きで、お酒も飲みます。いつまでも記念館がありつづけてくださるよう。(2017.9.30 千葉市・美浜区 S・S)

 

そちらの居心地はいかがですか? 「青い月曜日」は何度も読み返しました。(2017.10.14 広島市 H・N)

 

釣り紀行に感化され、アラスカとアマゾンまで釣りに行きました! 良い作品に巡りあえました。ありがとうございます。(2017.10.21 福岡県 K・T)

 

開高先生、漸く訪れることができました。先生の数々の一点一点が、煌くような足跡を思い浮かべつつ、漂い(ただ酔い)ます。また必ず伺います。その時はまたよろしくお願い致します。それでは。TOAST 乾杯! (2017.10.28 南足柄市 55歳)

 

何かの事情があって野外へ出られない私、鳥獣虫魚の話の好きな私、人間や議論に絶望した私……。そんないい歳をした私に対し、あなたの文体は、あれ・これ・それ・何かと私をそそのかす要素があります。だから40年以上も読み続け、複数回、ここ開高健記念館を訪れました。今日もまた訪ねてきました。あなたより一歳年上となりましたが、あなたから学ぶことがまだまだ多い日を楽しみに生きてみます。(2017.11.3 杉並・荻窪 H・A)

 

とても素敵な人生を歩まれましたね! やはり自我のあり様は自分にしかわからないのかな? 自分をもっとみつめて生きねばと思います。(横浜市 M・H 81歳)

 

ずっと来たかった場所に来ることができました。息子の名前を開高健さんの一文字「開」をもらい「開介」と名づけました。これからも作品を読みつづけます。(2017.11.5 平塚市 H・S A・S K・S)

 

ぶっ飛んで静寂。動と静。ここにいて感じるものは、この二つで、それ以外は測り知れない魂の明滅。人間のスケールは身体の大きさではなく、やはりその深さだ。給料日前の釣り人は、しばしここ開高健記念館に滞在す。(2017.11.19 中野区 H 62歳)

 

2年ぶりに来ました。自分も釣りをしますが、今年は良い釣果がありませんでした。開高先生にパワーをもらい、来年こそ大物をキャッチできれば。(2017.12.2 相模原市 M・N 51歳)

 

開高忌の前日に、26年住んでいる東京から東海道をゆく感で、ようやく辿り着きました。師匠の仕事場の、筆のエネルギーにひたりました。遊びとリスクに向きあいつつ、アジアの激動についての私なりのレポートを書いてみたいと思います。(2017.12.8 H・T)

 

先生、やっと来られましたが、寝不足のせいか、居心地がよいのか、眠気が強くて、すみません! お庭の水仙が咲いたころに、シャキッとして出直します。あともう一つ。先生の「白いページ」の、昔の装丁のやつを3冊、トイレに置いて読んでいます。ごめんなさい! トイレで活字を読みたくなるクセがあるのです。先生の本が、子供の頃から家にあって、特にこの「白いページ」は、大人のそして男の世界を、私に教えてくれていたのです。いつの間にかなくしていてのですが、先日ヤフオクで同じ物をみつけて、ほんとうに嬉しいです! 先生の文章、言葉は、今も、昔も、かわらないなあ。艶があって……。これからもよろしくです、先生!(2017.12.9 M・I)

 

今回で2回目の来館となります。相方は10回目です。また来年来られるよう、元気でいたいと思います。(2017.12.9 J・M)

 

先ほどのM・I。続きを書かせてください。先生、今日は先生の命日だったのですね。わからずに訪ねてきて……。ご縁なのか……いま、何とも心を動かされています。先生、生まれてきてくれて、小説家になってくれて、書き続けてくれて、ありがとうございます! 寒くてもう書けませんが、あこがれ続けます!(2017.12.9 M・I)

 

一日遅れで追悼に来ました。無二の親友(物故)といいあったことを思い出して、大切に生きています。彼「大江を読め!」と私に無理強いの議論を吹っ掛けてきましたが、私「いいや、読むべきはカイコーだ!」と。高校生の青い論争でした。あれからもう50年余の年月が経ちました。そろそろ人生の締めくくりが必要になってきました。改めて彼と、ああだ、こうだと、再び話し合えることになるかも。それと、サントリーのビールの発売にあたってモニターを務めて、毎月ビールを送っていただいたことも、懐かしく……。(2017.12.10 T・K 76歳)

 

大阪出身の釣り好きです。初めて来館させていただきました。ほんのちょっぴり先生に近づけたような気がします。ありがとうございました。来てよかったです。(2017.12.15 H・M)

 

NYで働くようになって早や2年が経ちました。早ければ来年の夏には、帰国せざるを得ないかもしれません。かの地でお世話になった方々に、先生の言葉を贈りたいと思って参りました。「若きの日に/旅をせずば/老いての日に/何をか、/語る?」この言葉を文字通り座右に置いて、私も異国での月日を過ごしてきました。自分にとっての軸のようなものが先生の言葉です。これからも大切に、残りのアメリカでの日々を頑張ります。帰国したら、またご挨拶に来ます。(2017.12.17 在NY S)

 

山口から来ました。中学生の時に「フィッシュ・オン」と出会ってから30年来のファンです。いつも想像していた書斎の様子に感動しました。念願かなって、ここの空気を吸えている自分がうれしいです。(2017.12.23 M・F 45歳)

カテゴリ:来館者のノートから 2018-01-07