開高健記念会

開高健記念会ニュース

このNEWSページでは、開高健記念会の活動の現況を中心に、開高健関連のさまざまな情報もお知らせしていきます。

再放送のお知らせ 「NHKラジオアーカイブス 開高健編 全4回」

「NHK ラジオアーカイブス(開高健編 全4回)」の再放送が以下のとおりに決まりました:

●NHKラジオ 第2放送
第1回 2012年12月31日(月)14:30~15:00
第2回 2012年12月31日(月)15:00~15:30
第3回 2013年1月1日(火)14:30~15:00
第4回 2013年1月1日(火)15:00~15:30

●NHK ネットラジオ「らじる★らじる」でも同日時に配信されます。

(NHKに残る開高健の肉声により構成された番組で、2012年8月~9月に放送されたものです)

カテゴリ:メディア 2012-12-23

テレビ番組再放映のお知らせ BS-TBS「漂えど沈まず 小説家・開高健の遺した言葉」

 2012年12月30日(日)午後5時~6時54分

BS-TBSで再放映されます。没後23年、俳優・小林薫が厳冬の現地・モンゴルを訪ねます。

(この特集番組は本年3月18日に同局で放映され好評を博したものです)。

kai_specialhagaki.jpg

カテゴリ:メディア 2012-12-23

記念館の「11月」(2003-2012)

開高健記念館は2013年4月で開館 10周年を迎えます。開館以来、訪れた方々が書きつづってきたノートから、その月の言葉をふりかえります。今回は、「11月」新編。(お名前はイニシャルで、難読文字は●で表記させて頂きました)

2003.11

◆開館のことを知って伺いたいと思っていましたが、今日、ふっと思いついて、東海道線に乗っていました。「オーパ!」展をやっていて本当にラッキー。開高さんのあのお声がきこえてくるようでした。お庭がとてもステキでした。ツワブキの黄色が目にしみます。「哲学者の小径」をゆっくり歩きながら、また来たいと思っています。(西東京 K・M)

◆本当に、駆け抜けたような人生だったのに、いつも、全身をぶつけて、読者を楽しませ、感じさせてありがとうございます。運営してくれるスタッフにも深甚の感謝を。それにしても無料とは!(横浜 J・S)

deskjou9.jpg

◆私もはるばる大阪からやって来ました。ひたすら嬉しいです。私が開高さんを知ったのは実は訃報、さらに、手に取って読んだのは大学生の時でした。なんてもったいない! 実は大学の先輩だったと知って、これまたミーハーな私は叫んだものでした。(人は何にでも“縁”を感じますよね。)最近嬉しかったこと:10年前わからなかった“夏の闇”。ちょっとわかる(感じる?)ことができました。私も成長したと思いたい……。最近悲しいこと:今を感じた開高さんの文が読めないこと。ほんとに残念でなりません。
また、開高さんの言葉にうもれてみたくなりました。今、“風に訊け ザ・ラスト”文庫版、持ってますよ! ああ、私も『悠々として急げ』。(A・M)

◆もう20年も経つでしょうか。小生も53歳になりました。あなたの“夏の闇”“輝ける闇”の表紙裏に極太の黒マジックでサインしていただきました。大柄な小生にも負けない幅の広い両肩を、今も忘れません。あの時書いて頂いた言葉を胸に歩んでいきます。これからもずっとあの鋭い二つの眼の光を思い出すことでしょう。(T・K)

◆今日は健さんに物理的には最も近づいた日。しかし、25年間ずっと敬愛しつづけた毎日も、とても充実していました。高校生だった頃からの小遣いは単行本やら雑誌やら、古書店から新刊本店までずいぶんと……ひょっとしてグラス一杯くらいは私が提供したのではないでしょうか。『日本三文オペラ』『青い月曜日』そして闇三部作、また、かずかずのルポルタージュ。世界の文豪に肩を並べられた人なのに。主人のいない家に座り、うれしくもあり、さみしくもありです。(香川県観音寺 N・M)

2004.11

◆昔、氏が通っていたスイミングスクールに通っていました。スクールで文庫本を読んでいた紳士はひょっとして。記念館が想像以上に良い環境なのにおどろきました。あの文章はこの静けさの中、明るさの中で生まれたのだなあ、と。

◆20年程前にプレイボーイ誌の「風に訊け」の連載以来、紀行文、闇シリーズへと読みすすみ、今や氏の晩年に近い年齢をなりました。本日は富山からの出張の機会があったので立ち寄らせていただきました。この出張でも列車の中で読むために「もっと広く」を持ってきています。(U)

2005.11

◆昭和29年頃大阪市住吉区山之内町(ここでは杉本町と書いてあるけど)に住んでいた時の開高健とは想像もつかない大きな人物になられておどろいている。妻が長女を、牧羊子さんの妹さんが道子さんをおんぶして杉本町の市場に買物に行っていた事を思い出しました。(大阪 O・K)

◆キングサーモンが開高を表し、鯛が谷崎を表すようです。二人の共通点は多いと思います。(T・F)

2006.11

◆子育てと仕事から解放された貴重な2日間をどう使うか……パッとひらめいたのがここへ来ることでした。「オーパ」を読み、その後ブラジルで5年過ごし、オーパに出てきた魚達と出会えました。日本に帰ってきて、目標を失いつつある自分に足りないのは何だろうと悩み続けてきました。開高健は自分と同じ年齢の時何をやられていたのか、今日知ることができました。決して開高さんのように凄い人生を送れるわけではないでしょうが、自分なりに悠々と急ごうと思いました。

◆念願だった開高健大兄の記念館に来ることが出来ました。どれもこれも見ているだけで体が震えて言葉になりません。意識は稲妻、舌は蝸牛であります。今、テラスでお茶をいただいていますが、ひょっこり大兄が顔を出してくれるような、とても素敵な記念館です。題名は決った、「悠々として急げ」。そんな気分で色々書きたいのですが……大兄に笑われそうなのでこれ以上は書けません。また来ます。バイヤコンディオス。(U・H、S)

2007.11

◆文学が恋しくなる晩秋の一日。開高健(カイコーケン)に逢いたくなってやって来ました。「ずばり東京」の文庫本を携えてきましたが、今、貴方に勝るとも劣らない文章書きは一人もいない……そんな哀しさを抱えています。カイコーケン様。合掌。(A)

◆みよしゆうか おさかながすきです。

2008.11

◆僕のアイドルです! ずっとずっと来たかった。これからも、いつまでも、僕の心の中で、一番のアイドルです。(岐阜 M・T 38歳)

◆ようやく来ました。亡くなられてから20年経ちますが、まだ信じがたく、大兄は何処か釣旅行に出掛けられている様に思えます。釣り、食物、旅、人生、全てにおける師匠です。大きなパネルの大兄の笑顔に会いに又来ます。(C・A)

2009.11

◆80年代にヨーロッパで先生にお会いしてから早や20年以上ごぶさたしてしまいました。今日は久しぶりに先生のお顔(写真)を拝見させていただき感無量です。今は音楽の仕事をさせていただいておりますが、いつも先生のお言葉を心に、精進させていただいております。(K・N)

◆その頃も旅をしていた。「夏の闇」の最初の一声。これ以来、とりこになりました。何十年前でしたか……。(山形 T・S)

2010.11

◆初期の作品の開高さんの大ファンでした。素敵で少々ニヒルな感じがとても素晴らしく、本が出ると直ぐ買い読みました。その後開高さんは身体がだんだん大きく成られ、作品もやたらと“オーパ!”でなんだか凄く面白く成り、楽しい気持ちにさせて呉れるような作家に成られました。ベトナム戦争にゆかれてから……暫く又前に戻られたかのような気がしますが……●前より楽しく元気いっぱい?の作品を書かれ、御自身の体調の変化もお解りになられたのかと思える程、異常に明るい文章に読者として少々……不安に成りました。ご存命なら●●今より明るい世の中にして下さるような気がする素晴らしき方! 開高健さん、有難うございます。(東京 K・T)

2011.11

◆私の父もモノ書きでした。酒好きで、美食家で、釣りとなると仕事を休む……。同じ時代に生き、開高氏より少し早く天国に行きました。お宅の中を拝見すると父と同じ匂いがし、昭和に帰った気がします。

◆開高さんは大学の先ぱいで、大阪・天王寺界わいはよく知っています。私もつりが好きで、開高さんのつりシリーズはつり人の感覚を文字に定着させた金字塔です。つりはヒトの原始的な行為で、アドレナリンが噴出するのですが、それを芸術と呼べることばにしました。小説の文章も圧倒的で、「筆舌につくしがたい、ことばを失うetc.」は負けだと言ったことをまさに高いレベルで実践しました。またこれは私の座右の銘としています。(●・●)

2012.11

◆大震災を受けた仙台市からくる。理由は、知り合いに、「最近太って開高健みたい」と言われて、そういえば若い頃は良く本を読んでいたと、ふと思い出したから。彼と同様に釣りも好きだし、興味の方向も似ていて、ライターやアウトドアの品々を集めて喜んでいるところも同じかな。彼の世界は彼だけのもの、だろうけど、共感するところも多いにあり。ではでは。「悠々として急ぎます」(仙台市 T・K)

◆島地勝彦さんの「乗り移り人生相談」の中で開高さんのお話が出て来ることがあり、どんな方なんだろうと思っていた時に、テレビでの特集を見る事が出来ました。魚を格闘する開高さん、お酒を飲みながら魚の話をする開高さん。その独特な雰囲気に引き込まれてしまいました。「パニック」を読み終えたばかりの若輩ですが、これから珠玉の作品を読み進めようと思います。(静岡県 O・M)

◆妻が開高健賞を授かった縁で訪問しました。当時の雰囲気が濃密に残る書斎、初冬の温かな陽光がふりそそぐ哲学者の小径など、健氏の生前の姿が目に浮かぶようで、とても印象深い一日になりました。私も、小径をひっそりと抜けて書斎で氏とと楽しいお酒が飲みたかった。未読の著作がたくさんあることが、なんだか楽しみになりました。(横浜市 W・T)

カテゴリ:来館者のノートから 2012-12-14

◆開高健著作物の電子出版許諾に関する本会の基本方針

タブレット端末やスマートフォンの普及に加え、電子書籍リーダーも新機種が出揃って、日本でもにわかに電子書籍市場の動きが活発になって参りました。これを受けて電子書籍の配信計画を練り直す出版社も多く、開高健の著作に関して本会への照会も増えています。

 これまで出版各社は、電子出版を印刷出版の延長線上にあるものとして、単行本、文庫本の独占契約は電子出版にも及ぶとの解釈で、他社からの新たな配信(電子出版)を承認しないのが一般的でした。電子書籍が売れたら印刷書籍が売れなくなる、という危機感が根底にあります。

しかし最近では、電子書籍と印刷書籍は共存し得る、それどころか、電子本はむしろ印刷本の売れ行きに刺激を与える場合もある、といった考え方も出てきました。とくに今の若い読者は、電子本から入って印刷本に魅かれてゆくことが多い、という分析もあります。

そこで一般財団開高健記念会では、開高健、開高道子、牧羊子の著作の電子出版許諾に関して、以下の基本方針と留意事項を1120日の定例理事会で確認し、評議員会の承認も得ました。

ここに本会ホームページに掲出して関係各位のご理解を賜り、さらに一層のご支援をお願いする次第です。

 

 ●基本方針

    (1)現在も独占出版が続いている印刷本については、契約書等に明記されている電子出版の約定を尊重する。

    (2)ただし前項の契約書を含む電子出版に関する約定で、配信が未だ行われておらず、最初の約定後3年以上が経過している場合は、電子出版の約定自体を再検討する。

    (3)前項(1)と(2)に該当しない著作につき、現行印刷本(単行本、文庫本)の版元以外の出版社から、電子出版の許諾要請があれば、提案内容を検討して諾否を決める。なお原則として電子出版に関する独占契約は行わず、他社からの配信にも門戸を開いておく。

 ●留意事項

(1)電子本の配信社は、現行印刷本の出版社と十分な連絡・調整を行う。

(2)改版や再版に際して元原稿に加えられた訂正や変更は、生前に故人や編集者による検討・配慮を反映した最終出版本を底本とする。

                                                                                         以上

カテゴリ:メディア 2012-12-05

企画展示「開高健と作家たち」展が始まりました

開高健記念館の企画展示「開高健と作家たち」展が始まりました。

文壇からは距離を置いていたと思われる開高健ですが、作家どうしのつながりを残された手掛かりから探ります。

今回は安部公房、井伏鱒二、大江健三郎、小田実、金時鐘、司馬遼太郎、島尾敏雄の各氏です。

kaiko_sakka5.jpg

カテゴリ:イベント 2012-12-04

このところのマスコミ、開高健情報──「週刊現代」「毎日新聞」「日本経済新聞」

 夏にかけて、開高健のついての記事、情報が相ついでいます。

●「週刊現代」九月八日号が「熱討スタジアム 第28回」として、座談会「開高健の『オーパ!』を語ろう」を掲載(P156~159)。参加者は菊池治男氏(担当編集者)、谷口博之氏(料理人)、滝田誠一郎氏(ノンフィクション作家)。

〈冒険の舞台はアマゾン、アラスカ、モンゴル/獲物を待って樹の上で6時間/100人前の刺身を振る舞う/語るように書く人〉(週刊現代記事リードより)

●「毎日新聞」2012年8月16日(木)夕刊の「特集ワイド 夏がくれば思い出す」で、「ヤマトは一人だと不安でしょうがないらしい 劣等感をバネに飛べ」として開高健を取り上げた。藤原章生記者。

〈作家、開高健さんの1971年の小説に『夏の闇』がある。夏のドイツ、フランスを舞台に、ベトナムの戦場取材で心の壊れかけた日本人作家と……〉(毎日新聞 特集ワイド冒頭)

●「日本経済新聞」2012年6月 23日(土)朝刊文化欄で、「色あせぬ開高健 未発表稿展示/思い出しのぶ新刊」との記事を掲載。中野稔記者。

〈純文学やノンフィクション、エッセーなど広い分野で活躍した作家、開高健が再び注目されている。……〉(日経新聞リードより)

opatenboushi.jpg

企画展示「開高健 オーパ!」展より

カテゴリ:メディア 2012-08-31

7月29日(日)のギャラリートークは、自伝的名作『耳の物語』の頃を中心にご案内

茅ヶ崎の開高健記念館で、記念会のメンバーが館内のご案内をする催し「ギャラリートークの日」。館内に展示された開高健の資料、愛蔵した品々 などをご案内しながら、それぞれの開高健を語ります。

7月は:

【日時】 2012年7月29日(日)午後1時~、午後3時~(各回30分程度を予定)

【案内人】 冨澤祥郎(開高健記念会理事)

【略歴】1958年生まれ。新潮社出版部勤務。入社早々、開高健の自伝的連載小説『耳の物語』の原稿を受け取りに、毎月茅ヶ崎に通う。

small_shosai.jpg

カテゴリ:イベント 2012-06-30

◆開高健記念会の入会フォームが整いました

当財団では、開高健の人と文学に関心のある方ならどなたでも入会できる、「会員」、「サポート会員(個人)」、「サポート会員(企業・団体)を募集しております。

詳しくは、当HPトップの「記念会について」の中の「入会のご案内」をご覧ください。

http://kaiko.jp/association/join.html

small_genkan.jpg

茅ヶ崎市 開高健記念館 入口(旧開高邸 )

2012-06-29

「作家志望青年・開高健」講演会のお知らせ

3月18日(日)午後2時~

茅ヶ崎市図書館会議室にて

芥川賞受賞以前、「作家志望青年」だった開高健に焦点を当てた、開高健記念館の企画展示「作家志望青年・開高健の情熱の日々」。

その展示を準備するなかで見えてきた若き日の作家の像を、開高健記念財団の坪松博之理事が語りました。

sm_tsubomats.jpg

カテゴリ:イベント 紅茶会 2012-03-17

TV番組「漂えど、沈まず ~小説家・開高健の遺した言葉」が放映されました

 2012年3月18日(日)午後7時~8時54分

BS・TBSで放映されます。没後23年、俳優・小林薫が厳冬の現地・モンゴルを訪ねます。

kai_specialhagaki.jpg

詳しくは、下記URLへ:

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT1201500

カテゴリ:メディア 2012-03-15
« 前ページへ次ページへ »